運転する人は必ず知っておくべき自動車常識3つ

- 燃料を注油量の半分以下に入れて通えば重量が減り、これにより燃費が良くなるという話は誤った常識である。

f:id:bryan0230:20180830115557p:plain


スポンサードリンク
 

 

自動車の燃料タンクの空きスペースには空気が入っているはずなのに、燃料が空気と接触すると、燃料が酸化され、日較差がひどくなるか、温度が下がると、空気の水分が燃料と混在されて車の故障の原因となることができる。

 

自動車の中に燃料フィルターが水分をろ過サイクルが、水分が多くなると、フィルタの容量を超えることができる。したがって、給油をするときは、3分の2以上のフィラーが良い。

 
- 駐停車時のギアをニュートラルに置くと、燃費の向上に役立つという話は、3分以上停車をした時に燃料節約効果が可能になる。

f:id:bryan0230:20180830115609p:plain


スポンサードリンク
 

 

信号待ちしているか、3分以内の停車時のギアニュートラルは、むしろ再始動時の変速機に多くの無理が行き、燃料消費量がより多くなる。また、下り坂でニュートラル(Nモード)に弾力走行後Dモードの変更時にも変速機に無理を非常に多く与えるようになっ故障確率が高いので、Dモードで運行することがより良いとすることができる。

  

- 駐車するときは、必ずサイドブレーキをロックする必要がないという話は場合によって異なる

f:id:bryan0230:20180830115619p:plain


スポンサードリンク
 

 

傾斜場所に駐車する場合には、サイドブレーキをロックしなければ、自動車が転がって行って、事故を発生させることができる可能性があり満たすのが良い。しかし、高速走行後のブレーキの温度が高くなった状態でサイドブレーキを使用すると、ブレーキが固着されることができる。

 

また、冬や寒い地方でサイドブレーキを満たし、長時間駐車時、サイドブレーキワイヤーが凍結溶けるまで運転をすることができなくなる。ただし、手動変速機の場合、Pモードがないため、サイドブレーキはロックが良い。