限られた人間が持っている9つの特殊能力

普通の人の能力をはるかに超える能力を持っている人は確かに存在する。まるで写真のように正確にそのシーンの詳細を覚えたり、モーツァルトのようにグレゴリオ・アレグレの「ミジェレレ」を一度聞いただけで暗唱することができたり、などの特殊であるとする能力を持っている人がいる。ここでは、その魅力的な9つの特殊能力を見てみましょう。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180830104242p:plain

 ■ 敏感な口当たり(Supertasters)

 

普通の人よりも味のための非常に敏感な人をSupertastersという。味覚センサである頂菌の乳首の突起が他の人よりも特殊で、味覚の刺激に強い反応を示す。甘さ、塩味、苦味、酸味、コクの5種類の味の中から、特に苦味に敏感でもやしとコーヒー、グレープフルーツジュースなど苦味のある食品は、あまり好きではない場合が多い。

 

f:id:bryan0230:20180830104253p:plain

 ■ 絶対音感

 

絶対音感を持っている人は、他の音と比較することができず、聞いた音を識別し、再現することができる。聴覚能力に優れているだけでなく、音を正確に分類することができる。サイレンとエンジン音など、日常的な音を聞いて、そのまま音を選抜し、真似して歌ったり、コードを取るか、またはすることができる。

絶対音感は遺伝的なのか、訓練を介して取得することができる能力であるかについては、さまざまな意見がある。

 

絶対音感がある人の割合は、、アメリカやヨーロッパの一般的な人口では3%、セミプロやプロのミュージシャンでは8%とする。隣国の日本の場合、音楽家の70%が絶対音感を持っていることが知られている。

 


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180830104303p:plain

 ■ 4色覚(Tetrachromacy)

 

動物の世界では、例えば、ゼブラフィッシュは、赤、緑、青と紫外線を検出することができる錐体細胞の4セクヒョン色覚が、人間は赤、緑、青のピラミッドの3セクヒョン色覚と言われている。しかし、まれに4セクヒョンの人がいる。それぞれのピラミッドは、100程度の色調を把握して、脳が色の濃淡を結合させて、約100万色を識別することができる。

 
4セクヒョンの人は赤と緑の間に特別なピラミッドを持っており、1億通りもされている色を見ることができるとする。 4セクヒョン色覚は、男性よりも女性に多く、より興味深いのは、男性の色盲は、4セクヒョンの女性から遺伝子を継承しているのかもしれないと言われている。

 

 

f:id:bryan0230:20180830104322p:plain

反響定位エコロケーション

 

バットが暗闇の中でよく飛ぶのは、音を発し、その反響が返ってくる時間に物体との距離を測定しているからである。人間もこの能力がある人がいる。目が見えない人に限定されるが、それらは反射音に対する感度が有利優れている。物がどこにあるかだけでなく、大きさ、密度まで知ることができる。人はコウモリやイルカが聞くことができる高音の周波数は聞こえないので、彼らが見ることができるよりも比較的大きいことしか知らない。

 

f:id:bryan0230:20180830104334p:plain

 ■ 遺伝子のキメラ現象


スポンサードリンク
 

 

身体の他の部分が異なる動物から作られた伝説の怪物キメラを比喩したこの現象は、遺伝子の世界でもある。通常、1つしか排出されない卵子が二つに排出されて、他の精子によってそれぞれ修正が成立する。二受精卵が何らかの理由で、細胞分裂中に結合してしまい、二つが全く異なる遺伝子情報を持った一のオブジェクトが誕生する。

 

f:id:bryan0230:20180830104346p:plain

 ■ 共感覚共感覚

 

いくつかの刺激とした感覚が、他の領域の感覚を引き起こすことを共感覚という。いくつかの知覚自覚が無意識のうちに、他の知覚経路に接続されてしまう。ほとんどは、遺伝子による場合が多く、文字や数字、記号に色がついている場合が最も一般的である。

 

音に音が入っているものもある。共感覚は、神経学的な状態であり、障害はなく、共感覚を持つほとんどの人々も、他の人とは異なる特殊な感覚が特に不便だとは意識せずに、数字も多い。作家のウラジミールバカコープ、作詞家のオリヴィエ・メシアン、科学者リチャード・ファインだけでもそうである。

 

f:id:bryan0230:20180830104356p:plain

 ■ スーパー暗算

 

大きな数の乗算が頭の中で、しかもすごく早くする暗算に優れた数学者のような人はたくさんありますが、サーバント症候群の人のように、特に教育を受けたこともない人が暗算で特異な能力を発揮する場合が興味深い。これらの人々の約半数が自閉症で、知的障害がある。最近の研究では、計算に関連する脳の部位の血流が正常の6倍で7倍であることが普通の人よりも暗算が速く原因の一つは、ああかに知られている。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180830104408p:plain

 ■ 直感的記憶

 

見聞きこと写真のように、そのまま鮮明に覚えている能力。円周率を10万桁まで暗記したり、映画「レインマン」のレイモンドバビットのモデルとなったキム・ピークは、12,000冊の本の内容を覚えている。成人になると、この能力がなくなる人が多く、男女比は同じである。訓練によって後天的に習得することができないことが知られている。

 

 

f:id:bryan0230:20180830104416p:plain

■ 不滅細胞

 

ヘンリエッタラックス(Henrietta Lacks)という女性の細胞は永遠に不滅である。彼女は1951年31歳で子宮頸がんを宣告され、その際、年間にも満たない死亡した。

本人や遺族には通知せずに、彼女の腫瘍からの細胞を採取、ジョンホプキンス大学のジョージゲイ博士渡した。ゲイは、この細胞を培養して不死の細胞株で、平塚という名前を付けて、がんなどの治療研究に利用した。その後もポリオとエイズ治療、放射線や毒性の影響を受け、遺伝子解読など、さまざまな研究のために使用された。

 

ラックス細胞は無言使用され、医学の世界に大きな貢献をしたのは、大変遅れて遺族に伝えられた。 1990年に裁判所が細胞の所有者として彼女をきちんと認める判決を下した。


スポンサードリンク