給料から資産まで、一生の所得5段階

個人の経済状況は常に変化する。

 

しかし、消費と貯蓄、収入はそれぞれのピーク年齢がある。たとえば、アメリカ人の平均的な女性がほとんどのお金をよく稼ぐ年台には、40歳前後である。個人の経済状況は、幸福度のように刻々と変化すること。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180829222635p:plain

心の状態だけでなく、経済状況にもピーク年齢というものがある。

 

ニュースメディアBusiness Insiderはアメリカ人の消費、貯蓄、収入に関するデータを整理して、平均的に、いつどのようなピークが見つけてくるのかを調査したという。

 

f:id:bryan0230:20180829222657p:plain

f:id:bryan0230:20180829222712p:plain

■25歳:支出が収入を超えて

 

年齢にかかわらず、誇示した経験は誰でもあるだろう。しかし、その傾向が最も強い傾向があることが20台。


スポンサードリンク
 

 

国労働統計局のデータによると、25歳の税引前利益の平均は3万1000ドルで、年間支出は3万3000ドルである。つまり、負債を抱えていたり、親からのサポートを受けて調達しているわけだ。

 

収入以上の支出で生活することは、望ましい習慣と見できない。しかし、エントリーレベルの収益の高い賃貸、奨学金を返済するのは難しい状況にあることも、ミレーニオル世代が支出を削って貯蓄に回すことができないようだ。

 

f:id:bryan0230:20180829222737p:plain

■40歳:家を購入

 

Zillow Groupが提出した2017年の住宅レポートによると、米国では40歳に20万ドルのジュチェクを購入する人が多い。

 

しかし、住宅購入者の42%は18歳〜37歳のミレーニオル世代だ。また、未婚者が購入することはない。住宅購入者の70%は結婚やパートナーがあり、その世帯の所得の平均値は8万7500ドルである。

 

f:id:bryan0230:20180829222802p:plain

■40歳:女性が最も多く稼ぐ年齢

 

CNBCが引用したPayScale調査によると、米国では、女性の給料引き上げ速度は、30歳前後までの男性を上回る。しかし、子供を持ち始めて、そこから数十年の間に、その速度が著しく低下する。


スポンサードリンク
 

 

大卒女性の収入がピークになるのは40歳前後で、その一般的な給与は約6万ドル。PayScaleによると、アメリカ人の女性が従事している仕事に最も一般的なのは、看護師、小学校教師、人材管理である。

 

f:id:bryan0230:20180829222824p:plain

■49歳:男性の収入がピーク

 

一方、大卒男性の年俸は、女性に比べて約10年以上続けて上昇する。そのピークは49歳前後で、一般的な給与は約9万ドル。アメリカ人男性が従事している仕事に最も一般的なのは、ソフトウェア開発者、建設マネージャー、システム管理者である。

 

f:id:bryan0230:20180829222853p:plain

■59歳:年金口座が100万ドル以上


スポンサードリンク
 

 

億万長者の地位を手に入れる一般的な方法は、、時間をかけて貯めるものである。ニューヨーク・タイムズが引用したフィデリティインベストメントの報告書によると、100万ドルというマイルストーンに到達する平均年齢は、女性58.5歳、男性59.3歳。6桁の収入がある一般的な「401(k)ミリオネア」の年俸は、女性が28万7700ドル、男性35万4600ドルである。

 

しかし、401(k)の億万長者になるためには、必ず高額の収入を得る必要はない。フィデリティによると、年俸が15万ドル以下で億万長者になるためには、継続的な貯蓄と株式市場への投資がカギになりそうだ。

 

f:id:bryan0230:20180829222917p:plain

■65〜70歳:純資産が最高額に達する

 

米国では、純資産が最高額に到達するピーク年齢は60代後半、あるいは引退する頃だ。

 

Wallet Hacksによると、65歳〜69歳のアメリカ人の住宅資産を含む純資産の平均値は19万4226ドルで、それほど素晴らしい数字とは言えない。

 

引退生活に入り、銀行口座を枯渇させないようにするためには、口座から引き落としされる金額は、多くても年間4%未満でなければならない。19万4226ドルの4%というのは、一年に7769ドル、つまり月額650ドルである。

 

社会保障の給付を合わせても、引退後のアメリカ人は平均的に月に2000ドルで生活しているわけだ。


スポンサードリンク