自律飛行機はまだ早い? 90%が"未来の旅行"に懐疑的

"旅行の未来"に対する準備ができているのだろうか?

 

2800万人の会員を保有している旅行サイト"Travelzoo"が6000人の旅行客を対象に実施した調査で、90%は"いいえ"と答えた。 自律走行車両と操縦士なしに、飛行機など"自動旅行"に関しては、特に、懐疑的だった。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180828223849p:plain

 

Travelzooの代弁人によると、この会社は、人類が機関車と蒸気船など蒸気機関内燃機関に続く"第3の旅行革命"の時代に突入したと考えている。 しかし、この三番目の革命に向けてその変化は、"未来の旅行モデル"について、多くの人たちが抱いた不信感を払拭し、高い料金も支払うようにしなければならない。

 

調査では、51%の人たちが2030年まで自律走行車両が当然のことになるだろうと思う一方で、自律飛行機が普及されると答えたのは20%だけだった。

 

また、76%が操縦士なしに飛行する技術を十分に信じないと、78%が自律飛行機の安全性について"非常に憂慮している"または"とにかく心配している"と答えた。

 


スポンサードリンク
 


希望はミレーニーアル・世代にいるかもしれない。 18~34歳の30%は"自律飛行機が旅行に使われるようになるとき、技術はテストが完璧になったのだから、信じている"と答えた。

 

65歳以上で、同一の答弁をしたのは、18%だった。 人たちは、操縦士なしに、飛行機について非常に懐疑的だ。 38%はロボット飛行機よりテレポーテーション("スタートレック"の中で存在する技術である)を試みるだろうと回答した。

 

f:id:bryan0230:20180828223905p:plain

 

自律飛行技術の究極的な目的は費用がかかる人間のパイロットをロボットで代替することだという点を消費者たちが理解しているようだ。 71%は現在と同したり、より安い価格で"キャプテンコンピューター"飛行機に乗ることができるようになるものと期待している。

 

- 音速旅客機、ハイパーループは?

 

消費者たちは、音速旅客機についても直ちに使用できるようになるとは思っていない。 Boom Supersonicのような製造者は2023年まで音より速い飛行機を宣言しているが、2030年まで超音速旅客機が飛行を期待しているのは28%に過ぎなかった。


スポンサードリンク
 

 

しかし、旅行者たちは代替燃料(36%)とロン・マスクが扱う、ハイパーループ(31%)にさらに楽観的だった。 74%がこうした新しい技術は、温室効果ガスの排出、渋滞、化石燃料に対する依存度を減らすことができると期待している。

 

また、多くの人々が新しい技術が移動時間を短縮(88%)、移動のストレスを減少(63%)することになるだろうと期待している。

 

f:id:bryan0230:20180828223915p:plain

 

"Travelzooはいつも未来を模索しています。 より多くの人たちを早くて楽に環境にやさしい方式でもっといろんな所に移したい欲望が絶えたことがありません"とTravelzoo UKのゼネラルマネジャーだったジョエル・ブランドン・ブラボーは言う。

 

会社は、今回の調査を実施したのは、"新しい旅行の方法について人が何を望んで何を心配しているのかを理解することです。 そして旅行業界とともに、Travelzooの会員に新しい旅行を経験できる機会を提供するためです"と言及した。


スポンサードリンク