NASA火星探査機"インサイト"、ついに火星に出発

NASAの火星探査機"インサイト(InSight)"と、小型人工衛星2機が火星に向けて出発した。

 

インサイトとキューブ三人2期は、以前にキュリオシティーを打ち上げた"アトラスV(Atlas V)"ロケットに搭載されて、米太平洋時間で5日午前4時5分、カリフォルニア州バンデンバーグ空軍基地から発射された。


スポンサードリンク
 

f:id:bryan0230:20180828210637p:plain

 

 

火星の内部構造を調査するために開発されたインサイトは、6ヵ月の旅程を経て、火星に到着する予定だ。

 

バンデンバーグ空軍基地で発射

 

f:id:bryan0230:20180828210658p:plain

 

今まで、ロケットを火星に発射する場合、地球の東の方向の自転でロケットの推進力を補完するためにフロリダ州ケープゴネボロルのケネディ宇宙センターが利用されてきた。

 

しかし、アトラスVは、このような補助無しにも十分に強力なために、NASAにより利便性が高いバンデンバーグ空軍基地から発射された。 火星ミッションとしては初だ。

 


スポンサードリンク
 


- 天下りで火星に着陸

 

火星に到着したインサイトは、天下りで火星の薄い大気を降下する。 このミッションで最も危険な過程だ。

 

f:id:bryan0230:20180828210728p:plain

 

NASAの科学者たちは、宇宙船が大気圏に突入する時の速度が時速一万9000キロメートルになるために、その不安定な挙動を"恐怖の6分"と表現する。 天下りを方インサイトは、地上に着陸する直前に完璧に逆噴射をしなければならない。

 

成功的に着陸したならば、インサイトは火星の地上で地質観測装置を拡張して、火星の地震を観測する。 観測時には地下4.8メートルまで穴を掘って温度計を設置したりもする。

 

これによって火星の冷たい内部と初期、太陽系では岩石惑星が形成された過程の理解を進めるという。

 

と火星の揺れを徹底調査

 

f:id:bryan0230:20180828210741p:plain

 

自動車ほどの大きさのインサイトは、"SEIS"というドーム型機器(大型電子レンジ程度の大きさ)を設置し、これを通じて地震を測定する。

 


スポンサードリンク
 

 

計測器は非常に敏感で、火星に生じた微細な揺れはもちろん、火星のどこかで衝突した隕石の衝突さえ感知することができる。

 

地球のように溶岩を噴出する惑星とは異なり、火星は彼の生涯の大半がジジク学的に死んだ惑星と考えられている。 しかし、その凍った岩の表面で実際に何が起こっているのかはまだ分からない状態だ。

 

 

f:id:bryan0230:20180828210753p:plain

 

インサイトが火星地上で地震を観測する間、2基のキューブ三人"火星キューブワン(Mars Cube One)"は空に残ってインサイトで送ってくるデータを地球に伝送する。

 

この実験に成功すれば、他の惑星ミッションでもこの技術が応用可能であり、宇宙探査機を発送する費用を大幅に削減できるようになる。

 

インサイトと華城(ファソン)キューブの円は、11月に火星に到着する予定だ。


スポンサードリンク