宇宙飛行士は火星で死んだらどうなるか。

映画"オデッセイ"で描かれたように、いつか火星に到達した際、その劣悪な環境の中で危機に陥りかねないだろう。 最悪の事態に、もし火星で宇宙飛行士が死亡すると、その遺体はどのように処理されてか、NASA生命倫理担当顧問が二つの選択を私たちに見せてくれた。

 


スポンサードリンク
 

 

ペンシルベニア大学の教授で、NASA生命倫理の顧問でもあるポール・ルート・ワーフ氏によると、選択肢は"そこに残されている"または"地球に連れてきている"の2つの選択。しかし、NASAとしては"地球に帰還する"という選択を最優先にするという。

 

理由の一つは、3年の間、一緒にミッションをしてきた宇宙人たちにその遺体は強い絆で結ばれた仲間だから、他の一つは、遺体は遺族からは"財産"であり、返還を要求する権利があるためだ。

 

一方、サインに従って、"残しべき"事件も十分あり得る。 例えば、死亡原因が"谷間に落ちた"ラーメン、死体の回収を図るため、別の宇宙飛行士の命が危険にさらされかねないからだ。

 

 

また、何らかの原因で宇宙服が損傷されて死亡した場合にも、死体がそこに残しておかなければならないと考えられる。 これは人類と地球に致命的な影響を及ぼすいかなる存在が死体に付いている可能性があるためだ。

 

そのような危険をもたらす病原菌や有機体の存在は確認されていないが、存在しないことも確認されなかった。

 

しかし、遺体を残すことで火星にどんな影響を与えることになる可能性もあるとルート・ワーフ氏は心配している。 今すぐ人類が火星に行くことはほとんどなく、今後、しばらく後のことなので、彼に対する対策は今後にゆっくり考えても遅くないだろう。


スポンサードリンク