宇宙の彼方に存在する"バターのような有害な油"

銀河系には莫大な量のバターと同じ物質が存在しているものと最近の研究で明らかになった。

 

 

王立天文学会月間報告"Monthly Notices of the Royal Astronomical Society"に掲載された論文によると、宇宙は100万個の水素原子、党100程度の油のような炭素原子が存在する。 この論文はオーストラリアとトルコの天文学者たちによって作成された。


スポンサードリンク
 

 

"この油は人間がトーストに塗って食べたいといったようなことはない"とニューサウスウェールズ大学大学院Tim Schmidt教授は、声明で語った。

 

"この物質は有害となる可能性が高く、星間空間と私たちの実験室でのみ形成される。 このような物質が宇宙空間に存在しているのは非常に興味深い"

 

 

生命に不可欠な炭素が、宇宙にどれだけ多く存在するかどうかははっきりしない。 宇宙にあるという炭素の半分は純粋な形で存在しているが、残る半分は油のような脂肪族化合物または防虫剤のような芳香族化合物の形で存在している。

 

研究チームは、宇宙ごみを実験室で再現することにより、ある程度の量の脂肪族炭素が存在するかを推定した。


スポンサードリンク
 

 

炭素を含めたプラズマを低温真空空間で発生させることで、星によって有機分子が作られる工程を再現したという。 そして特定の赤外線波長にほこりが光を強力に吸収する姿を分析して、脂肪族炭素の量を測定した。

 

"研究結果と天文台による観測結果を結合して、宇宙空間にある程度の脂肪族炭素が存在しているのかを測定することができた"とSchmidtは述べている。

 

 

その結果、宇宙に存在する炭素の4分の1から半分ほどが、有害ある脂肪族炭素であることを知ったと....

 

次の段階は芳香族炭素がどの程度の量があるかどうかを測定することだ。 星と星の間にある芳香族炭素の量を知ったら、宇宙全体の量を予測することができる。

それから炭素を基にした生命体が外界に存在する確率を知ることができるという。


スポンサードリンク