認知機能の低下につながる7つの習慣

私たちの日常的な習慣と認知機能との関連性について、最近、いくつかの興味深い研究結果が発表された。 長期間の生活習慣は脳の力を大きく減少させたり、増加する可能性があるという。


スポンサードリンク
 

 

認知機能を低下させる恐れがあるすべての行動を変えることはできないだろう。 しかし、次のような習慣とそれによってもたらすができる状態については、変えるための努力をすることができる。

 

 

■ 脱水状態

 

今年7月に発表された研究結果によると、極めて軽い脱水状態でも認知機能に影響を及ぼすものと見込まれている。 注意力を必要とする作業においては脱水状態になり始めた初期にミスが出てくる。また、状態が進行すれば、間違った答弁などをする頻度はさらに増加する。

 

体内の水分が2%損失されれば、計算、論理能力に影響を出てくることで知られている。


スポンサードリンク
 

 

■ ネクタイ着用

 

7月に発表された他の研究結果によると、ネクタイの着用で脳に血流が約7%減少する可能性があるという。

 

研究チームは調査に参加した男性を二つのグループに分けて、片方にだけネクタイを着用してほしいと話した。 その後、脳に血液の流れをMRI(磁気共鳴画像法)で測定した結果、ネクタイの結び目が強い男性であればあるほど脳に血液の流れが大きく減少した。

 

 

■ 砂糖の摂取

 

砂糖が神経系や認知機能の健康に悪影響を及ぼすことはすでに報告されているのだ。 (砂糖によって昏睡状態になりかねないということはかなり広く知られている)

 

数年前に発表された研究結果では、ネズミに水ではなく砂糖水をあげた結果、記憶力に否定的な影響を及ぼすことが確認された。(興味深いことに、砂糖以外に、オメガ3を与えたが、そのような影響を見ることができなくなった)

 

今年発表された他の研究結果では、ブドウ糖または自党の一つを摂取した人は過当または違約を摂取した人たちより認知機能検査結果が悪かったと言われている。 砂糖は、アルツハイマーと関連性が現れているという点で、驚くべき結果ではないことだ。


スポンサードリンク
 

 

 

■ 教室でのスマートフォンの使用

 

米国ロッゴス大学の研究チームは、同大学で認知心理学を専攻する学生118人を対象に、教室で携帯電話とタブレット、ノート型パソコンの使用を認めた場合とそうでない場合の成績の違いを1学期にわたって調査した。

 

期末時点での成績は、このような機器の使用を禁止した学生たちのものが5%高くなった。 使用人認定されていた学生たちは、散漫に記憶が妨害されたと見られる。 このような関連性を示した最初の研究結果ではあるが、似たような影響は職場や家庭でも出ていくものと考えられる。

 

■ 慢性ストレス


スポンサードリンク
 

 

慢性ストレスが精神的能力にも悪影響を及ぼすのはすでに知られている。 これはストレスホルモンとされるカー・オブ・ザ・イヤー、ブラシと抗炎症作用によるものと考えられる。

 

ストレスは記憶形成で決定、視覚と手の調和、脳体積などにも影響を及ぼすものと知られている。 ストレスの影響を減らすため、私たちは瞑想やヨーガなどの治療を通じて自分を管理する必要がある。

 

 

■ 社会的関係の不足

 

社会的連結の不足とそれによる寂しさは、心身の健康に深刻な影響を及ぼす。 これはすでに多くの研究結果によって指摘されている。 特に高齢者に及ぼす影響は大きいという。

 

数年前に発表された研究結果では、社会的孤立は未来の認知機能低下によって、大きな危険ができるという見解が提示された。 理由は完全に究明されなかったが、社会的交流によるストレス軽減効果と指摘、情緒的な刺激が減少することと関連があると報告されている。

 

■ 睡眠不足

 

昨年発表された脳細胞と認知機能をリアルタイムで観察した研究結果では、夜間の睡眠が不足すれば認知敵作業の脳細胞の反応が遅く、ミスも増えるものと確認された。

 

過去の研究でもすでに長期間睡眠不足が認知機能と記憶形成能力に影響を及ぼすものと指摘されている。


スポンサードリンク