成功する人と失敗する人の5つの相違点

成功する人は、目標に向かって突進、計算上の危険を甘受することで、頂点に立つ。 それでは、成功する人とそうでない人の差は何何か考えてみたことがあるか

 

企業家のジムローンの答えはとても簡単だ。 "成功する人は成功しない人がしたがらないことを実行する。 仕事がもっと楽だったらと思って望むのではなく、自分がもっと能力のある人だったらと望む"


スポンサードリンク
 

 

耳の痛い話だが、その言葉は当たっている。 成功は、偶然ではなかったのは皆が知っている。 成功する人は改善の機会がいつも開かれているために新しい情報が集まるのだ。

 

もしもっと良いリーダーになる方法を知りたくてする場合、成功者が実践する次の5つの習慣を試みてみよう。

 

 

1. 最後までやりこなす

 

現実は難しい。 良いアイデアを思い出したり、悪意のない大きな約束をしたりするのはだれにもいる。 成功する人が他の人と違うのは、何かを全うするために努力しているという点だ。 成功は1%のひらめきと99%の実践だと言われている。

 

ビジネスの世界で自分の次の手は秘密にしておくことが最善と考える傾向だ。 しかし、次の戦略を試みてみよう。 自分の計画を近い人や親しい友人と共有して自分がその言葉に責任を取らざるを得なくなるよう誘導。 成功へ行く道は努力で踏み締めるようになることで、団地計画だけでは目標に到達しないことだ。

 

 

2. 鍛練するだけ

 

成功しない人たちは、持続的な鍛錬の価値を重視していない。 こうした人たちは成功の大半は"しことができた"と考えてもいつも自分の方式を調整するというのを理解しないことだ。 成功する人は、披露し、"仕事はもう終わりだよ"と喜ばない。 真の成功者は仕事にはきりがないということを理解しているためだ。


スポンサードリンク
 

 

仕事に熟達するには、一生にわたって力を入れて努力する必要がある。 休むひまなく仕事をという意味ではなく頂点に到達など誰もできないことを理解するという意味だ。

 

 

3. 困難な対話に挑戦

 

上司に給料の引き上げを要求する。 同僚との間に境界線を設置する。 誰かに率直なフィードバックを提供。。。こんな難しい対話はその主題に関係なく挑戦の価値がある。 自分が到達しようとする位置に通じる道が開かれるだけでなく、自分をリーダーに成長させてくれる挑戦でもある。

 

成功したリーダーは、ぎこちない理由だけで単に厳しい境遇の対話を皮下を飲み、ない。 安心できる領域外にこそ良いことが起きることをよく知っているため、このような対話に積極的に挑戦する。

 

それでは困難な対話に身を投げるというのはどうしたらいいかな? 先にこのような状況で感じる気持ちの悪さに慣れてしまうこと。自分と違う意見を持った人々との対話に参加して、自分に今までなかったマインドセットを育てている。 それでは困難な対話は、単に目標を向け、越えなければならない障害物の一つに過ぎないものだ。

 

 

4. 自分の脳を育てる

 

絶え間ない学びは譲歩しない必須事項である。 成功する人は自分が一生の学生であることを自覚して学ぶことを止めない。 また、懐を満たすものと同一の周波数で脳を刺激する必要性を理解している。


スポンサードリンク
 

 

正規教育を通じた学習でも、会議およびイベント参加でも、学びの機会をいつも持つことができる。 自己啓発本を読んだり、新しい技術を習ったり、新しい言語を学ぶことなどは全部、脳を活性化させる良い方法だ。

 

 

5. "自分がしたい、しないこと"を諮問する

 

自分に足りないことを認識する。 自分の足を引っ張っていることを確認したならば、それを変えることを決議することができる。 成功を妨害する否定的な考えをしていないか? 生産性を下げているくせがあるかも!? または心配が先頭に立ってしまうのか?

 

何らかの原因であれ、それを確認した後、解決に臨むこと。自分の成功を妨害することを被害する方法は既に知っているのだ。


スポンサードリンク