私を嫌いな人たちまで私を好きにさせる6つの方法

私を嫌いな人たちまで私を好きにさせる6つの方法

 

 

"誰かがあなたを嫌いなら、それに相応しい理由を作ってあげなさい"

 

この言葉は一時オンライン上で熱い反応を得た言葉です。 私を'嫌いな'人に対する反感が適切に表現された言葉だったからです。


スポンサードリンク
 

 

実社会を生きながら、職場の上司や、同僚、取引先の職員、顧客などが私を嫌がると感じる時ぴょこぴょこあの言葉が飛び出すが、現実的には本当に理由を作成することには無理があります。

 

それよりも賢明な方法は、私を嫌う人が私を'好きに'作るのではないでしょうか?

あなたを嫌いな人があなたを好きになる方法6つを紹介します。

 

1.その人が望むのが何なのか把握せよ

 

私を嫌やがる人はきっと自分が望むものをその人がしなくてくれるために嫌いだ。 一般的に人を簡単に嫌いな人は'望むこと'が多くの人だ。

 

その人は他者から受け取って希望していることが何かをよく把握した後、,やってくれるようにしよう。 それならその人はあなたに良い感情を持つようになるだろう。

 

2.その人の観点と趣向を理解しなさい

 

人を嫌やがる人は自分だけの確固たる観点と趣向を持つ場合が多い。 誰かそれに反する行動をすることも、すごく嫌いだ。


スポンサードリンク
 

 

少しはユニークすることもあったとしても、そんな人たちの視点や好みは容易に知ることができる。 その人たちは誰かが自分を合わせてくれるのをすごく好きなので、少しだけ合わせてあげてもその人はあなたを好きになるだろう。

 

3.その人に対する期待水準を下げなさい

 

人に対する期待は引き下げると、下げるほど、心が楽になる。 すべての人が私が思っているような期待値を満たすことができるわけではないためだ。

 

その話は僕も誰かの期待値を満たすことができない可能性があるということでもある。 何よりも、その人が私に優しくしてくれるという期待水準を下げてしまうとどういう待遇を受けても失望しないことがある。

 

それならその人を相対するのには少しはもっと自然になり、その人の心に入ったものがもう少し容易になる。

 

4.その人に時間を投資せよ

 

実は誰か私に自分の時間を投資するというのはありがたいことだ。 時間は貴重であるのだ。

 

だから私がその人にその大切なことを投資しているという事実をよく見せてくれば、確かに私に心が集まるのだ。 その間に彼が望む行動をすれば、なおさらいい。


スポンサードリンク
 

 

5.その人を自分の方式どおりに操れないという事実を認めなさい

 

誰かを私が望む方式で、私を追うようにすることはできない。

そうだというのは私を嫌うその人を自分のやり方通りにどうにかならないという話だ。

 

6.このすべてが効果がなければ、このままあなたの人生はあなたに焦点を合わせなさい

 

 

誰が何と言おうと自分に一番大切なのは'私自分'だ。 私を嫌う人が私を好むよう絶えず努力したが、効果がないとすれば、言わなくてもいい。

その人によく見てもらうために私を犧牲しない。

 

その人たちと適当に距離を維持して心穏やかに食べるのがもっといいようだ。

派手に神経を使って私だけが犠牲するには私がよく過ごすことができる人は周辺に十分に多いからだ。


スポンサードリンク