1年間'肉'を食べない場合、我々の体に生じる変化4つ

1年間'肉'を食べない場合、私たちの体に生じる変化4つ

 

 

現代人たちのメニューで肉(肉類)は抜いて取り除くことができない食べ物として定着したのは久しいです。

 

もちろん、あまりにも頻繁に食べると、肥満に向かう近道だろうが、それでも、少なくとも週1回は肉を食べてくれないと、元気が出ないという人が多いですが。


スポンサードリンク
 

 

ところで'一ヶ月'もなく'1年'間、肉が食べられないようになる状況が発生すれば、私たちの体にどのような変化が出るんでしょうか。

精神的には非常に苦しいでしょうが健康には非常に良いという結果が支配的ですね。

 

今から1年間、肉を食べない場合、私たちの体に生じる変化について調べましょうか。

 

1.体重減少

 


 

1年間、肉ばかり食べないで他の食べ物を正常に摂取したと仮定した時、私たちは平均的に4.5kg体重を自然に減量することができる。

 

ジョージワシントン大学医科大学で米国と欧州の15個の研究結果を検討した結果、もし菜食だけで献立を構成すれば、量を調節しないで、思う存分食べても肉を少し食べるのより体重の減量にもっと役になるという。


スポンサードリンク
 

 

2.がんにかかる可能性が低くなる

 


 

肉をたくさん摂取することになったら肝臓にコレステロールが溜り、大腸がんにかかる確率が急激に増える。

 

特にWHO(世界保健機構)はソーセージ、ベーコンなど加工肉と赤い肉を発癌物質として公式に規定している。

肉を食べなければ、このような危険は自然に消えることになることだ。

 

3.心臓疾患の危険が低くなる

 


 

肉に入っている飽和脂肪酸は、血中コレステロール水準を増加させ、血圧が上がるように作って心臓疾患を誘発させる。

もし肉を切って菜食中心の食習慣を始めたら、心臓疾患の危険を著しく減らすことができる。


スポンサードリンク
 

 

4.運動後もっとよい効果を得ることができる

 


 

肉を食べた状態で運動をするようになれば、効果がよく出ないことがある。 なぜなら重いタンパク質が積もって筋肉の生成を妨害するためだ。

 

医学博士しディ(Chidi)は肉を食べた後、運動をすれば、痛みを誘発することがあり、筋肉の回復を遅らせることができると警告している。

真のナイスボディーになりたいなら、ただちに肉類を減らしたり、食べないことを勧める。

 

今まで調べたように肉を食べなければ健康に肯定的な影響を与える点が多い。

しかし、専門家は、それでも若干の肉を食べ、すべての食べ物をバランスよく食べてこそ、われわれの身体のバランスを合わせることができると助言した。


スポンサードリンク