世界長寿人たちの長寿の秘訣と食生活

ギネスブック記録によれば、世界で最も長く暮らした人は122年を暮らし、1997年に死亡したフランスの'寝たカルメン'のおばあさんだ。 彼女は楽天的であり、よく笑い、ユーモアを好きで、会う人たちにいつも"長生きするためいつも楽しくなるように努力するべきだ。"と勧告したという。 


スポンサードリンク
 

 

 

私は数年前、世界5大長寿村の一つである中国パマヒョンに住んでいる110歳の'ファンブシン'おじいさんを会ったことがある。

 

おじいさんは面倒を見てくれる人がいなくて自分で台所で料理をしていた。 それでも全くストレスを受けないようで、むしろ見る人が楽しくなるほど愉快に見えた。

 

天真らんまんな表情で話しており、とても楽天的な性格で見せた。 家族と友達までも、すべてこの世を去ったと言うおじいさんの表情はあまり悲しくていなかった。 友達がすべて去ったと嘆くよりは、彼らといっしょに過ごした時間が楽しかったと回想した。

 

バルカバンバの'アゴティン'さん(106歳)

 

南米エクアドルのビルカバンバで会った'アゴティン'おじいさんの年は106歳。 おじいさんの夫人はすでに世を去り、おじいさんは家族がなしで一人で住んでいた。 おじいさんは特別な収入がなく家庭菜園で捕れる新鮮な野菜で直接料理をして食べた。

 

庭にはレモン、オレンジ。 アボカドなどの果物の木に頻繁に新鮮な果物を食べると話した。 おじいさんはタバコを吸わない、お酒もまったくしなかった。 おじいさんは元気で活動的で親切、優しいた。 一人で暮らす老人達はうつ病に悩まされることが多い。

 

しかし、おじいさんは、妻をあの世に送って貧乏に一人で住むとして落ち込んでいる姿が見当たらなかった。 健康の秘訣を尋ねると、彼の健康の秘けつは楽しく休む間もなく体を動かすことだとした。私がビルカバンバに滞在する数日の間、何度もおじいさん家を視察した。


スポンサードリンク
 

 

その度におじいさんは相変わらず畑で仕事をしていた。 午後には道に出て道を通り過ぎていく友達と握手をして話を交わす姿も目撃した。 たとえ一人で暮らしているが、村人たちと多くの話を交わしながら生きている。

 

全世界で男として最も長生きしてギネスブックに載った人である'アントニオ・トッド・(Antonio Todde)'はイタリアのサルデーニャ島の小さな村ティアナ(Tiana)で1889年に生まれた。 彼はすでに2002年に112歳でこの世を去った。

 

彼の家庭も、長寿家庭だった。 彼女の妹は100歳、他の妹は97歳。 彼の父は90歳、母は99歳まで生きたという。

 

サルデニアの'ポトゥナト'さん(98歳)

 

サルデーニャのティアナで私が会った98歳の'ポトゥナト'おじいさんは息子や孫たちと住んでいた。

 

父、息子の説明ではおじいさんは朝は牛乳とゆで卵で簡単に食事をして、お昼と夕方にはパスタとチーズ、野菜で簡単に食事をするとした。

 

おじいさんの息子は"おじいさんは消息をして一生の間、太って見たことがない。"とした。 すでに妻と一番目の息子はこの世を去ったが、おじいさんの性格は穏やかで穏やかに見えた。

 

日曜日には聖堂に行き、礼拝を申し上げるという祖父の楽天的な性格、消息、安定的な家庭生活、宗教的な信仰心が長寿の秘訣として見せた。

 

グルジアコーカサス地方は世界的な長寿村で有名だ。 西北部のアブハジア自治局と首都トビリシの北東部に長寿人たちが多く住んでいるという。

 

1970年に実施された人口調査によるとここに住む人口450万人のうち100歳以上の人は約5,000人に達すると報告した。


スポンサードリンク
 

 

アジャリアの'守備マニ制'さん(100歳)

 

私はアジャリアの小さな村に住んでいる100歳の'守備マニ制'おばあさんに会った。 彼女は3人の子供と13人の孫、24人の曾孫を置いていた。 おばあさんは先日、一人の曾孫の者を見た。

 

みんなお祖母さんと一緒に暮らしたり、近くに住んでいた。 お婆さんは家で作った'松来るの(Matzoni)'とみたいなヨーグルトと野菜、柑橘類を好んで食べ、肉はたまに食べると話した。

 

おばあさんの血圧は135/85で若い人たちと同じ血圧を維持していた。 細い体形を維持していながらも強靭に見えた。

おばあさんは一生の間病院に行ったことがなく、注射を打ってみたことがない注射をどう迎えるか分からないとした。

 

おばあさんはイスラム教を信じてお酒は飲まないが、70年間タバコを吸ってきており、今もタバコを吸っているとし、タバコを一服て尋ねた。

 

おばあさんの健康の秘訣を問うと、おばあさんは"24年の間、タバコ工場で仕事をしていたが2年前からは仕事をやめたが、依然として家の近くの畑で仕事をしています。"、休まずに仕事をしたおかげだとした。 おばあさんのおばあさんは107歳まで生きたとした。 

 

コーカサス長寿人についての研究を多くしたトビリシ大学の'ラージ・ハル'教授は"グルジアの人々が長生きする理由は遺伝的な要因がすごく高いです。 長寿には、遺伝的な要因が80%、残りの20%は環境的な要因が左右します。"とし、遺伝的な要因を強調した。


スポンサードリンク