よく知られていないが、健康なダイエット方法7つ

よく知られていないが、健康なダイエット方法7つ

 

 

短い時間に急激に減量するダイエットは健康を脅かすができます。 適当な時間をかけてゆっくり体重を減らすことが望ましいが、こんなに体重を減らすときは精巧な戦略が必要です。


スポンサードリンク
 

 

食べ物の摂取と運動の方法など生活習慣に小さな変化を与えることで、健康に体重を減らすことができる、 科学的に検証されたが、よく知られていない7つのダイエット方法を紹介します。

 

1. サラダだけを食べるのは避けよ

 


 

ダイエットをするために一食の食事でカロリーが低いサラダになればこれは最悪の選択になることもできます。 専門家らはダイエットを目的にサラダを食べるといえば、サンドイッチや豆、スープなどを一緒に食べることを勧めます。 サラダは炭水化物がなく、食べるとカロリーは低いが、飢えを感じさせるホルモンであるグレリンの数値を下げることはできません。 グレリンは空腹感を感じるようにすることで、いつ食事をしなければならないか脳に伝える役割をするんです、空腹を感じないようにするために、果物、穀類、パスタ、パンなど炭水化物を含む食品をサラダと一緒に食べることがもっといいです。 最小限の炭水化物を摂取しなければグレリンが減っていないため、むしろ暴食をすることになることもあります。

 

 

2.十分な睡眠

 


 

ある統計によれば、一日、睡眠時間が5時間以下の場合、肥満確率が73%に達するとしています。 しかし、睡眠時間が5~6時間に増えれば、肥満確率は27%に落ち、です。 ダイエットのため、十分な睡眠は必要します。 睡眠時間が少なければグレリンが増加し、食事量が増えるようになります。


スポンサードリンク
 

 

ダイエットをするために睡眠時間を減らして、ヘルス場を探すなら、これは決して良い方法がないです。 ジムを探すよりも十分な睡眠時間を確保するのがダイエットにもっと好きです。

 

 

3.運動は夜明けに

 


 

ダイエットをするためにフィットネスやジョギングをするなら、食事前の未明にした方が良いです。 未明は、インスリンの数値が最も低い時間帯であるため、必要なエネルギーを地方で得ることになります。 インスリンの数値が上がった残りの時間はエネルギーの源泉として地方がほとんど使用されません。

 

 

4.運動は一度に45分以下に

 


 

運動を一度する時相次いで45分以上するのはストレスホルモンであるコルティソルの生成を促進するようになります。 コルチゾールの増加はそのまま地方の増加につながる可能性があります。


スポンサードリンク
 

 

一日一時間運動をする場合、30分ずつ二回に分けてするのがダイエットにはるかに効果的です。

 

5.カロリー摂取の周期的変化

 


 

一週間単位で計画を立てて、カロリー摂取量を調節することにより、体重減量の速度を高めることができます。 例えば、1日1,500カロリーの摂取が目標なら、月曜日1,200カロリー、火曜日1,500カロリー、水曜日1,800カロリーを摂取するようにずっと反復すれば飢えを感じる人体のメカニズムが混乱を感じながら、さらに多くの地方を消費することになるでしょう。

 

 

6. 数字にだまされまい

 


 

飲食物包装紙に書かれている成分表示に数字を含むことがあるなら購入しないことが好きです。 成分名に数字が含まれているのはだいたい地方と防腐剤が多く含まれたインスタント食品である場合が多いです。 即席食品を食べながら体重を減量しというのは非常に困難です。


スポンサードリンク
 

 

即席食品には多くの種類の炭水化物と砂糖、その他の隠された成分が入っているためです。 同じ理由でダイエットをするなら、配達食べ物を注文して食べることも自制した方がいいです。

 

 

7. 椅子に座って働く時には、片手間に動かす

 


 

職場で1日8時間以上を椅子に座って暮らすのはダイエットのみならず健康にも良くないです。 これは退勤の後体育館を訪れて運動をしても克服できないものです。 椅子に座って働きながらも時々歩いたり、ストレッチングなどで軽く体をずっと動いてくれるのが、健康はもちろん、体重減量にも役になります。

 
睡眠は十分に、運動は明け方に、サラダはパンと一緒に!!

必ず覚えてください


スポンサードリンク