ある数学者が発見した'ピザ'を仲良く分けて食べる方法

f:id:bryan0230:20180817001507p:plain

複数の人が集まり、一本のピザを分けて食べる時はピザを中心に通る直線を描いて8つに分けるのが一般的です。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180817001531p:plain

ところでこの方法は人数が増えれば、公平に分け難しくなるという短所があります。 それなら、人数がふえた時、公平に分けて食べるためにどのようにすればいいですか。

 

過去の科学メディアニューサイエンティストは、英国リバプール大学で数学を研究するジョエル・ハドリー博士がピザを仲良く分けて食べられる'ピザカッティング方法'を発見したと伝えたんです。

 

f:id:bryan0230:20180817001556p:plain

先にピザの中心点を基準に緩やかな波の曲線3つを描いて6等分の彫刻を作ります。 その次のすべての曲線の端点から下曲線の中間地点をいます。

 

あえてここまでやる必要があるかと気がするけれど、とにかくこれと同じ方法でピザを切れば、同じ形と大きさを持ったピザ12彫刻が完成されます。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180817001627p:plain

似た方法でより多くのピザをさくさくを作り出すこともあります。 五角形、七角形、九角形など奇数多角形を作って、切る方法です。

 

f:id:bryan0230:20180817001650p:plain

 

数学的には多角形の角だけを増やせば、いくらでも多くのピザをさくさくを作り上げることができるとします。

 

f:id:bryan0230:20180817001724p:plain

'ピザカッティング多角形整理'を完成したハドリー博士は"ピザカッティング方法が異なる作業にも適用できるかどうか分からないが、少なくとも数学的に興味深い素敵なピザ写真を撮ることができる"と述べました。


スポンサードリンク