上司に報告をよくする秘訣

報告が上手な能力は職場で皆さんらの評価するとても重要な項目です。
上司はいつも忙しいから要点を整理し、簡略に整理することが重要です。
今回は上司に報告をよくする秘訣を紹介します。

 


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180815232750p:plain

 

1.上司の要求と期待を考えている。

上司の立場から考えて上司が判断して決定するために必要な情報が何か考えます。

例えば、上司が要求するのが時間とお金を節約する方法なのか? それとも新しい事業のチャンスか? そう考えると上司に必要な情報が何なのか分かります。

 


スポンサードリンク
 

 

2. 予想される質問に対する答えを用意する。

f:id:bryan0230:20180815233314p:plain

商店街は部下職員が情報を収集して要約することを期待します。
上司が要求するのは結論で、専門的な内容です。

結論を導出することを恐れてはいけません。
反面、なぜそのような主張をしているのか根拠を準備します。

すべての発言について、誰が、いつ、何を、どのように、なぜ?という点を考慮します。
発言に説得力があるようになります。

 

3. 単語の数を少なくする。


スポンサードリンク
 

 

上司は要点を希望します。
皆さんに要求することは、情報を要約して問題の核心を把握することです。

もし、上司が追加で知りたい事があったら質問をするつもりです。
皆さんはそれに関する追加情報だけ言及します。

自分がどんな問題について、何を知っているかアピールしようとしないでください。
情報が多すぎると重要なことをわかっていないというイメージを上司に渡します。

 

4. 上司の情報伝達の方法を模倣する。

f:id:bryan0230:20180815233639p:plain

上司が皆さんとどのように情報を共有しているのか観察します。
重要な単語だけが使用するか全体内容を詳らかに言っているのか把握します。

上司のコミュニケーションの方法を観察したら、上司の情報処理の方法を理解することができます。


スポンサードリンク