あるネチズンが'人生'生きてみて思った点12

f:id:bryan0230:20180809225700p:plain

人生説明書があれば少しは容易に買えますか。 しかし、惜しくも人生の説明書は存在しないのに、各自のやり方で世の中を生きていくのにです。

 

最近、あるオンラインコミュニティに'人生生きてみて思った点'という書き込みが話題になっています。 どのような内容を盛り込んでいるどうか一緒にみましょう。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180809225713p:plain

 

1.極度に活発な人たちの後ろには不遇な環境や暗い点が多い。

 

2.言葉は本当に大切にすることが重要であり、人の悪口はあえてしない方が良い。 そして人たちに私が難しいことを言えばそれが弱点となって戻ってくる恐れがある。

 

3.この世の中で私を本気で思ってくれて、愛してくれるのは家族そして,両親しか存在しない。

 

f:id:bryan0230:20180809225742p:plain

4.人間関係は10年を卵た、20年を卵な一日朝に間違うこともできる。


スポンサードリンク
 

 

5.理性が私を好きなのか好きじゃないか最も分かりやすい方法は私が好きな理性と嫌いな理性にした行動を思い出してみては容易に知ることができる。

 

6.一つの分野に成功した人々は自分がやるべきことをいつも頭の中で思う。

 

f:id:bryan0230:20180809225812p:plain

 

7.人は誰でもある程度の仮面をかぶって計算的だ。

 

8.人生は一日朝に成功することもあり、死を迎えすることもできる。 したがって、一日一日を最後であるように一生懸命生きなければならない。 


スポンサードリンク
 

 

9.放棄すれば便利だ。 欲がないと、苦痛もない。 しかし、発展もない。

 

f:id:bryan0230:20180809225834p:plain

 

10.私が思っているような悪い予感はある程度正しい。

 

11.の父親は家族らの前で無口に見えたり、華やかに見えるか分からないですが、一番の重さに疲れている。 それでも、子供の前で泣かない。 そして人生は親すべて去ったら、結局私一人だ。

 

12.人生を生きることには正答がない。 本人が選択したその道がまた人生になる。


スポンサードリンク