人たちの暴力本能に対する科学的な説明

f:id:bryan0230:20180805160850p:plain

道具の使用とともに人間の手はさらに繊細になった。 十指はそれぞれ自由に動かせるようになり、手の発達はすぐ知能の発達につながった。


スポンサードリンク
 

 

現代社会で人々は手で絵を描いて、楽器を演奏して、パソコンのキーボードを叩く。 こんなに人間の手は賢明な人間が他の動物とは変わることもできた重要な特徴だと思った。 新たな研究が出るまでは言葉だ。



▼最近発表されている学術誌は人間の暴力性に焦点を置いている。 今回に"実験生物学ジャーナル"で発表した研究資料は人間が地球上で最も暴力的な動物だったと言う。

 

f:id:bryan0230:20180805160901p:plain

 

▼ゴリラ、オランウータン、チンパンジーのように人間と同じ猿たちは、元々とても暴力的な性質で悪名が高いが、その中でも、人間が最高やくざということだ。 他の類人猿らの身体能力は人間より優れているが、彼らは人間ほど暴力を行使しない。 強姦や脅迫、いじめることのような悪行も人間より少なくする。

 

f:id:bryan0230:20180805160923p:plain


スポンサードリンク
 

 

▼領域を獲得するため、集団で戦うチンパンジーを見てとても暴力的だと考えられるが、人類の歴史を通して起きた大虐殺、戦争を考えると、彼らの集団けんかは何もない。 こんなに好戦的な性質の人間たちはよく戦うために手を進化してきたというのだ。

 

f:id:bryan0230:20180805160941p:plain

 

▼手のひらは短くなって親指は、柔軟になった。 このような人の手の特徴は丸い固い拳を握るにちょうどだった。 他の霊長類たちも戦いをする時に手を使うが、ただ人間だけが争うときはこぶしを握りしめる。

f:id:bryan0230:20180805160954p:plain

 

▼研究によると、こぶしを握った手は指の関節の張りを4倍に高めており、掌骨も保護しており、曲がった親指は、パンチに強度を増した。 こんなに拳で打撃した時が手の床で打撃した時より1.7倍から3倍、より強力に打撃することができた。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180805161006p:plain



▼人間が道具をもっとよく使用するためには親指が長く、べきだったが、集団生活で配偶者と食べ物を獲得するためては戦いが不可欠であったためにこぶしを握ることができるように進化したのだ。

 

f:id:bryan0230:20180805161016p:plain

 

▼論争中にあるこの研究は一つの主張に過ぎないが、これ以上暴\力がもたらす利益がないのにも暴力が蔓延した社会を見ると、人間の暴力の本能が大きいというのは事実のようだ。 果たして法無しでも購入できる人が何人になるだろうか?

f:id:bryan0230:20180805161026p:plain


スポンサードリンク