緊張したり、不安定になれば、どうしてトイレに行きたくなるかな?

f:id:bryan0230:20180804094211p:plain

100m競走をする前に小便がしたくていたことはないですか? 普段は元気ても高いところに上がったり、多くの人の前で発表するなどの緊張状態に置かれるようになると急に'トイレに行きたい'は考えをすることになります。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180804094237p:plain

ところでどうして緊張と不安が生じれば、トイレに行きたいのでしょうか。 海外の科学メディアリブサイエンスでその内容を整理しておいて紹介してあげます。

 

f:id:bryan0230:20180804094255p:plain

人間が安らかな状態にいるときは膀胱また、同様に安らかな状態です。 腎臓で作った小便を無理なく受け入れます。 彼と同時に膀胱の外部の、括約筋が締めて小便が外に流れ出ないように捕まえています。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180804094316p:plain

健康な状態の膀胱は約470mLの尿を保存することができるものと知られています。 そして膀胱に尿がいっぱいになると脊椎を通じて脳に信号を送って人間は'膀胱に尿がいっぱいになった'と感じるようになります。 それではトイレに行って小便を体外に排出する方式です。

 

f:id:bryan0230:20180804094335p:plain

まだ緊張した時は、尿が催すた理由について正確に究明されてはないんですが。 米カリフォルニア大学で泌尿器科の研究をするトム・ち(Tom Chi)博士は、人間が緊張したり、不安な状態に置かれた時は、尿が催すた理由を次の二つの仮説で説明しています。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180804094358p:plain

最初の仮説は、人が緊張と不安を感じる時大量のアドレナリンが分泌されると思うのですが。 アドレナリンが分泌される緊張状態で人間は自分を解放する必要性を感じるようになって、それによって膀胱も一緒に弛緩されるそうです。 また、アドレナリンの分泌は腎臓の尿の生産量を増加させると言います。

 

f:id:bryan0230:20180804094621p:plain

二番目の仮説は、人間が不安感を感じるようになると、全身の筋肉が緊張して膀胱の周りの筋肉も一緒に緊張状態になって収縮し、小便を外に排出しようとした仮説です。 まだはさらに深い研究が必要とするんですが。

 

f:id:bryan0230:20180804094640p:plain

そして、トム・教授は"もし重要な瞬間に緊張感または不安さを感じてトイレに行きたいけど、行くことができないときは、しばらく目をつぶって瞑想することで、精神と体の緊張をほぐしてくれるほうがいい"と助言しました。


スポンサードリンク