'危険三角ゾーン'のニキビ組むときに、非常に用心しなければならない理由

'危険三角ゾーン'のニキビ組むときに、非常に用心しなければならない理由

f:id:bryan0230:20180803093512p:plain

思春期の頃は吹き出物がたくさん出始めるが、これを'にきび'と言います。 成人になって年齢が入り、にきびに対するストレスから脱することができます。 たまにたくさん疲れたりその他様々な理由により、吹き出物が生じる場合が度々ありますね。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180803093522p:plain

 ところで吹き出物を組むときに本当に気をつけなければならない'危険トライアングルゾーン(Danger Triangle Zone)'について聞いてみましたか。

目と目の間から鼻と唇の上鼻の下までを危険三角ジョンが呼びます。

 

信じられないが、英国のメディアザ・サン紙によると、危険三角・ゾーンに生じた発疹を誤ったら視力喪失、麻痺だけでなく、甚だしくは死亡に達する可能性があると警告するのですが。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180803093531p:plain

なぜなら、危険三角・ゾーンに広がっている血管は頭の後ろ側までつながっており、何も考えずに吹き出物を組んだ場合、細菌に感染されて脳に流れる静脈を乗って細菌が脳に入って、脳髄膜炎のような致命的な炎症を起こしかねないからです。

 

f:id:bryan0230:20180803093542p:plain

(▲吹き出物、誤って組んだが、手術まで受けた男性)

 

実際、最近中国マスコミの報道によると、50歳の男性が唇の上の吹き出物を手で軽く決めたところ、顔が脹れ上がり、高熱と呼吸困難などを経験して応急室に運ばれていったことがありました。 細菌感染により敗血症までかかったそうです。 怪死した唇組織を除去して100mlの膿みを搾り出したと言います。 担当医師は男性の命が危ないところだったとします。 男性は現在唇再建手術を受ける予定だと言いますね。 

 

危険三角・ゾーンに出来たにきびを組む時は非常に用心しなければならないという事実を絶対忘れないでください!


スポンサードリンク