"接触事故が起きた時必ず4枚の写真を撮ってください"

f:id:bryan0230:20180730111133j:plain

もし自動車の接触事故が起きたとしたら、最も重要なのは"誰が、どのような過ちをしたのかということです"それで現場そのままの保存資料が必要し、その資料が保険請求などにとても重要な資料となります。


スポンサードリンク
 

 

それでは接触事故が起きた時にうろたえないで対処をしなければならないが、一応先に写真を押さなければなりません。 今日は警察庁で教えてくれた"接触事故が起きた時必ず4枚の写真"について調べてみます。

 

1. 近接写真

f:id:bryan0230:20180730111243j:plain

接触事故が起きたら、まず接触事故の部位を近く近接撮影をするのが重要です。 車両の破損部位と破損の程度によって速度を推定できる資料がなるからです。

 

2. 遠距離写真

f:id:bryan0230:20180730111320j:plain

事故が起きた時の状況と周辺を把握するためには20m~30mくらいの距離の遠距離写真が必要です。 遠距離写真を撮るときは一方向だけに撮らないで、多角度で撮ることが重要です。


スポンサードリンク
 

 

もし街灯や田舎のような静かな道なら周りの光とカメラのフラッシュを利用し、可能な明確な写真を撮らなければならないです。

 

3. 車輪の方向の写真

f:id:bryan0230:20180730111405j:plain

接触事故写真を撮るとき、車輪の方向写真は必ずいなければなりません。 加害者と被害者を区分する重要な資料がなるからです。 車輪がどの方向にどのように回っているのか確実に区分できるように正確に写真を撮ってください。


スポンサードリンク
 

 

4. ブラックボックスの写真

f:id:bryan0230:20180730111447j:plain

ブラックボックスでチュエルヨンドェン映像は、事故にいろいろな面で重要な証拠資料となります。 もし相手の過失により接触事故が起きたら、必ず相手の車両にブラックボックスがあるのか撮影をしておいてください。

 

過失がばれないようにあれこれと言い訳をしながら言い抜けをするには、証拠資料をなくすことが方法です。

 

参考にいくつかお話をすれば

車から降りるやいなや相手がどのような行動をする前に必ずしも先に"車輪の位置にスプレーで表示"してください。

 

f:id:bryan0230:20180730111523j:plain

ほとんどが人たちが接触事故が起きれば、当惑することになります。 特に女性の方は男たちが険悪に悪口をしながら声を吐いてはさらに当惑することになります。 それで自分の一方的な過失を認めたり、損害賠償を約束することがたまにあります。

 

絶対こんなことをなさってはいけません。

 

事故が起きた時の是非は考えとは全く違って判明が出るケースも多いです。 本人が加入している保険会社と連絡する前まではどんな答えをくれてはいけません。


スポンサードリンク