致死するが、生き残るための職場人の処世術!

 

f:id:bryan0230:20180727091318j:plain

職場生活をしてみると、仕事ができると言ってその場を長い間維持できるのはありません。 目上の人はもとより、同僚と後輩たちによく見られなければなりません。

 

こんなに長期間職場生活をするのは本当に大変なことです。


スポンサードリンク
 

 

大韓民国のサラリーマンは会社で生き残るためにはどうしてもか就業ポータルサイトのサラムインが公開した内容を一緒にみましょう。

 

"致死するが、生き残るための職場人の処世術"、職場生活をはらった方なら、タイトルから同感する部分が多いと思います。

 

1. 自ら身を低める、謙虚に行動

f:id:bryan0230:20180727091511j:plain

会社生活を長くするためには先に周りに敵がない必要があります。 そのため、会社員たちはいつも謙遜しように行動する方が多かったです。

 

些細な言い争いや言い争いも可能すれば避けようとします。 本人をいつもいい人だと認識させようとするものです。

しかし、本音とは外観は、大半が間違えて当然です。

 

2. 自己啓発を続けている

f:id:bryan0230:20180727091601j:plain

会社では当然実力がいい人が必要です。 それで職場生活は常に競争をしなければなりません。

 

他の人より遅れないために退社後も塾に通いながら資格証を取得して外国語の勉強が上手な方が多かったです。

 

ところが、若い人なら充分にできるが、年が多くの会社員は退勤後に休まず勉強をするということを非常に大変なことです。

淘汰されないために努力しているサラリーマンを見ると、あ...涙します。

 

3. あいさつが得意な'のような基本礼節を守る

f:id:bryan0230:20180727091738j:plain

本人を、いい人だとそして組織社会で潤滑油のような役割をする人だと認識させるために見る人毎にあいさつはもちろん、職員の軽・調査などに率先します。

 

4. 敵もなく、友達もないというオープンマインド

f:id:bryan0230:20180727092008j:plain

職場生活でオープン・マインドは非常に重要です。 永遠の敵との永遠な友達はないという考えで人を対します。


スポンサードリンク
 

 

5. 目につかずいつも中間を維持

f:id:bryan0230:20180727092634j:plain

組織社会では人より優越すると、いつも時期を受けます。 それなら、やっぱり、敵ができるようになることです。

 

敵が生じれば、組織社会生活が苦しくなります。

 

このようなことを未然に防止しようといつも中間的な行動そしてとても遅れずにいつも中間を維持し、会社生活をする方々があります。

 

6. 力がある人と親しくなる。

f:id:bryan0230:20180727092803j:plain

本人の実力が後れを取ってあるか、さもなければもっと上位に進むためにやむを得ずパワーのある人の力を借りようとするものです。

 

このような人は、目立たないが他人が見るにはたまに"ごまをする"は表示がします。

 

会社生活で適当なお世辞はいいと思ったが、過度になれば、後ろ指を差されことになります。

 

7. 大変なことも、最後まで堪える

f:id:bryan0230:20180727092925j:plain

組織では易しくて楽なことだけをしようとする人は必要がありません。
人たちがはならないということ、困難なことを最後までやりて周りの人から私が必要な人であることを証明します。

 

8. 人に本音を表現しない。

f:id:bryan0230:20180727093118j:plain

職場生活をしながら、感情を簡単に露出したらいろいろと損害が来ます。 そのため、会社員たちの顔はいつも仮面をかぶっています。

 

難しく、ストレスを受けることもいくらでもできるという"無表情の笑顔が職場生活"です。


スポンサードリンク