体が送るビタミンD不足信号5つ

ビタミンDは免疫機能を強化して、カルシウム、燐の吸収を助ける栄養素での一日勧奨量(保健福祉部の基準の成人1日、推奨量10マイクログラム)を必ず満足させなければならないんです。

陽射しを受けて生成される物質で晴れた日最小30分ほど日光を浴びたり、補充剤を通じて摂取することができます。


スポンサードリンク
 

 

 

もし健康に必須的なビタミンDが欠乏すれば、健康管理に赤信号が灯らざるもあります。 体が送るビタミンD不足信号5つを紹介します。

 

体が送るビタミンD不足信号5つ

 

f:id:bryan0230:20180724104610j:plain

1. 免疫体系の弱体化

ビタミンDは免疫力を含めて体のプロセスをつけて集めたとき、使用され、身体の免疫細胞(T細胞)を強化させる役割をするんですが。

T細胞は身体を侵犯し、病気や感染を起こす微生物を探して破壊する免疫細胞であるため、ビタミンDが欠乏すれば、免疫体系が弱体化されことができます。

 

f:id:bryan0230:20180724104652j:plain

2. 憂鬱症

ビタミンD欠乏はうつ病発症の危険増加と関連があります。

脳で生産する気持ちを良くするセロトニンというホルモン数値が低くなれば、、うつ病が発生することができ、このホルモンは身体が日光にさらされたり、ビタミンDサプリメントを摂取する時、増加します。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180724104752j:plain

3. 心血管疾患

ビタミンDが不足する場合、動脈硬化心筋梗塞脳卒中などの心血管疾患の危険が増加することになります。

血栓が生成され、血管の壁が硬くなりがちです。 また、心臓収縮に影響を及ぼすために体内ビタミンDの維持が必要です。

 

f:id:bryan0230:20180724104839j:plain

4. 糖尿病

ビタミンD欠乏は糖尿病の発病危険を増加させることができます。 ビタミンDインシュリン分泌およびブドウ糖エネルギーに転換させるのに役立つためです。

もしビタミンD数値が低ければ、インスリン抵抗性を増加させ、身体の葡萄糖代謝を損傷させ、糖尿が来ることができます。

 

f:id:bryan0230:20180724104918j:plain

5. 多発性硬化症

多発性硬化症は、免疫体系が神経細胞の保護コーティングを攻撃したときに発生し、目の痛みとぼけた視力、体全体の無感覚、疲労感、均衡と歩行障害、めまい、筋肉痛、思考力低下などを誘発することができます。

ビタミンDが免疫力を向上させるのに役立つため、多発性硬化症の発病危険を減少させて、症状を緩和させることができます。


スポンサードリンク