想像を超越する10つの恐怖症! とても耐えられない!

f:id:bryan0230:20180722080746j:plain

人間は誰にでもある程度の恐怖心が存在しています。

一般的に死に対する恐怖、疾病に対する恐怖などがあり、このような恐怖を解すため、努力している人たちも多いです。

 

存在している人間の数だけ恐怖の対象も実に多種多様です。

しかし、"恐怖症"と言う、病的な恐怖心を持っているのは、一部の人間だけと申します。


スポンサードリンク
 

 

その中には一般的な生活にまで影響を与える恐怖症もあります。

今回のポスティングを読む時本当にそのような恐怖症のために苦痛を受けている人たちがいるということを念頭に置いてお読みください。

患者の苦痛を理解して共感することが重要だと思います。

 

10. 起立恐怖症 - 歩行や立つことに対する恐怖

f:id:bryan0230:20180722080840j:plain

一度想像してみてください。 ただ目覚めて歩こうとする考えだけしても恐怖が感じられたらいかがでしょうか。

一体どう日常を生きているのだろうか? そうと、空を飛ぶもできません。

このような恐怖症を持っている患者は、毎日反復的な恐怖に苦しんでいるそうです。

 

9. 決定恐怖症 - 決定を下すことに対する恐怖

f:id:bryan0230:20180722081003j:plain

ご存知のように一部の恐怖症は心理状態に起因して現われることになります。

決定するのが死ぬほど怖いとしたら、どう生きていかなければならないのでしょうか。

他人にいつも決定してほしいと依頼をしなければならないのでしょうか。 しかし、そのようなお願いをするための決定を下さなければなりません。

 

決定(決断)恐怖症患者はいつも洪水と一緒に溢れている考えに尽力していることには間違いないと見ます。

決定について考えていることは大きく恐怖を感じていないとします。

彼らが恐怖感を感じるのは決定しようとする行為自体と申します。

つまり、全ての世界との関係がトラウマになるほど恐怖感を与えているということです。

 

8. 知識恐怖症 - 知識に対する恐怖

f:id:bryan0230:20180722081052j:plain

学校に通うのも、何か新しいことを知っていくのも全部いけません。

知識恐怖症が発病することになるのは認知的成長に限界線を引くことと同じ意味です。

 

学習しようとするとき襲ってくるようになった恐怖感に直面する意思がない限り、これ以上何も学ぶことができなくなる。ってことを理解する能力さえ制限されることになることです。

 

7. 食べ物恐怖症(拒食症) - 食べ物に対する恐怖

f:id:bryan0230:20180722081141j:plain

食べ物は生存のために必ず必要なものです。

しかし、食べ物が怖くなっことになる。それがまさに料理恐怖症です。


スポンサードリンク
 

 

一切の食べ物を拒否して栄養失調や脱水症状などで自らを死に追いやっている人たちがおり、口に食べ物を入れるたびに骨の髄が凍てつくような恐怖感を満喫して、一日一日を延命して行っている人もいます。

 

皆さんは好きな食べ物が必ずあるのです。

しかし、食べ物の恐怖に落ちる瞬間、そうした楽しみは正反対の苦痛に変わってしまいます。

 

6. 睡眠恐怖症 - 眠りに対する恐怖

f:id:bryan0230:20180722081232j:plain

食べ物恐怖症と同様に、これも人生に必ず必要な活動と関連されています。

何日間何も食べなくてもいい人がいるかもしれないが、水面の場合は一日でも欠けると十分に活動しにくいです。

 

この恐怖症による生理的、心理的疲労はある程度だろうか?

起きてあればあるほど体の生理機能はチミョンソク影響を受けることになって脳の機能も衰退することになります。

しかし、寝ようと努力することになれば、圧倒的な恐怖感が押し寄せて耐えることができなくなるとします。

そのような恐怖を毎日抱えて生きなければなりません。

 

5.音響恐怖症 - 自分の声を含むすべての音に対する恐怖

f:id:bryan0230:20180722081324j:plain

音を恐れる人々はどのように生活してるのかな?? 防音室で、隠遁生活をしているのか。

または、医学的に耳を聞こえないようにしてしまうことも。

どうしても果敢な決断が必要かもしれませんが、これといった良い方法が浮かびません。


スポンサードリンク
 

 

部屋の中を飛び回るパリの音と遠くから聞こえてくる自動車と雷の音、甚だしくは自分の声まで怖いです。

恐怖感がひどすぎて手で耳を閉ざしても無駄です。

体内で血液が流れている音が聞こえてきませんから。

 

4. 時間恐怖症 - 時間経過や時間自体に対する恐怖

f:id:bryan0230:20180722081410j:plain

論理的に考えば、時間に対する恐怖は"過去・現在・未来"または"遅かったり、早い"など、時間に関連された概念に対する一般的な恐怖とすることができます。

しかし、時間恐怖症の患者たちが約束でも時間と関連されている概念で恐怖感を感じないとしても、時間自体やその過程については恐怖を感じるようになります。

一度、このような恐怖症を持っている患者の立場で考えてみてください。

 

3. 対抗恐怖症 - 恐怖症のためにもっと悲惨な状況に好きになる。

f:id:bryan0230:20180722081517j:plain

難解な恐怖症だといえます。

このような恐怖症を持っている人は、ひどい不快感や恐怖を引き起こす状況や物体を追求するそうです。

何かねじれているメチョヒジュムのようだが、これは恐怖症と戦うために、そのような行動を担うものと考えられています。

 

"恐ろしさには立ち向かうこと"という言葉があります。

これは対抗恐怖症患者が多く実践している部分です

彼らは激しい恐怖を克服するため、自らを、恐ろしい状況に置かれるように作ります。 もちろん、効果はありません。

 

従って、常に闘争と逃走反応に体が露出されています。

したがって、こうした患者たちは恐怖症に起因している一般的な精神衰弱を利用する一段階高い心理的問題を追加的に持っています。

 

2. 恐怖症の恐怖 ・ 恐怖症が発症することに対する恐ろしさ

f:id:bryan0230:20180722081607j:plain

恐怖を味わうことになるのではないかと恐れている。 ちょっと…それ自体がすでに恐怖とすることができます。

それなら、恐怖症の恐怖は自らが作っている恐怖を恐れているということだろうか。

何か恐怖症と言うよりも風刺や謎といえる難解な恐怖です。

 

彼らは恐怖症の発病を恐れます。

しかし、彼らはすでに恐怖を自ら作り出しています。

つまり、恐怖症の恐怖と自分が作っている恐怖が永遠にかみ合っているものです。

本当にとても怖いです。

 

1. 汎恐怖症 - すべてのものに対する恐怖

f:id:bryan0230:20180722081658j:plain

オンガッことが怖くなってしまう恐怖症です。

あるところではこの恐怖症を"何かよく知れない邪悪なものに対する曖昧で、持続直言恐怖"と説明しています。

 

汎恐怖症は日常生活を評するするように送ることはあります。

しかし、普遍的で重厚な悪意的な力がどこかに存在しているという絶え間ない恐怖にいつも悩まされています。

 

今回に紹介してあげた他の恐怖症は特定の原因に起因している反面、この恐怖症は恐怖感を誘発する原因が散在しており、さらに圧倒的だと言えます。

どこに行っても、何をしてもこの恐怖症にとらわれた人は日常のすべての面、全ての思考、全ての物体、全ての関係、あらゆる環境と習慣に否定した力がくっ付いているとの考えをぬぐえないことになります。 終わらせて尋ねて来るようになる死の瞬間までも...


スポンサードリンク