偶然に撮影された本物の恐怖映像8つ!

f:id:bryan0230:20180720173226j:plain

カメラは使用方法によって面白いおもちゃになることもあり、自分の行動を記録したり、家にいないときは家の状況を確認することもできます。

 

また、ごく稀には鬼や犯罪者たちの姿が撮影されたりもします。

今度は本当に偶然に発見された気持ちが、ぞっとする気持ちがした映像を紹介して見るようにします。


スポンサードリンク
 

 

1. 不気味な夢遊病患者

f:id:bryan0230:20180720173322j:plain

一人の女性が自分が寝てる間に何が起こっているかを確認するため、カメラで撮影するようになりました。

翌朝、頭痛のために眠りから覚めた彼女が見たのは、カメラに撮られていた衝撃的な映像でした。

 

彼女は厨房を歩き回りながら金槌を振り回しており、最後には自力でパソコンを破壊する姿が映っていたのです。

 

2. 静かな追跡者

f:id:bryan0230:20180720173417j:plain

家の食べ物が変に置きているのを知りたがっていたある男性がいました。

自分の恋人がしたのではないか思いましたが、念のためカメラを設置して確認することにしました。

ところで画面に現れる人は全く知らない女の子でした。

 

彼女は窓を通じて侵入して音がしないように移動しながら牛乳とお菓子を食べて、台所流し台に小便を見たりTVを見るなど勝手な行動していました。

男性が声を出せば、彼女は静かに隠れており、確かに何回もこの家に来たものと疑われています。

 

3. 溺れているカップル

f:id:bryan0230:20180720173558j:plain

何か不吉な感じの画像です。

新婚旅行中だったのでしょうか。 腰ほどの深さの湖であるカップルが泳いて遊んでいました。

 

数日後、彼らは急にあがきをし始めたが、結局のところ睡眠の下に消えてしまうことになりました。

人が死ぬ場面が映っていた恐ろしい映像だといえます。

 

4. 死んだ少年たち

f:id:bryan0230:20180720173656j:plain

2008年、英国で10代の少年2人が行方不明となり、車の中で死んでいたのが発見されました。

車の中で発見されたカメラは彼らの最後の瞬間が示されていました。

 

彼らは冗談を交わしながらトンネルに進入しようとしたが、追い詰められた道という標識が出てすぐ道を失うことになりました。

 

携帯電話のGPSも反応しないようになり、彼らはウサギの遺体とマスクをかぶった人の影を見たと言いながら車を移動し、見が、いくら走っても、結局同じ場所に立ち返ることになります。

そしてその結末はご覧のように恐ろしいものでした。


スポンサードリンク
 

 

5. カタコンベで道を失った男

f:id:bryan0230:20180720173848j:plain

18歳が後半パリの墓地は飽和状態に達しており、仕方なく地下トンネルに安置室と墓地を作るようになり、現在で約600万人の遺骨が安置されています。

 

このビデオは90年代のもので、墓の中を探険していたある男性が撮影したものと考えられています。

結局、彼は暗やみの中をさまよっていたがカメラを落とすようになっており、後に他の探検隊によって発見されました。

何か不気味な状況であるように見えますね。 果たして彼にどんなことが起きたのでしょうか。

 

6. フードの男

f:id:bryan0230:20180720174024j:plain

2005年のクロアチアで行方不明になった10代の少年2人に対する映像が発見されました。

 

カメラの前でしゃべっていたずらをしていた2人の少年たちはカメラの後ろにいたフードシャツを着た男の姿を撮影します。

少年たちは彼が酒に酔ったと思って近づいたが、突然彼は少年たちに向かって走って逃げなければなりました。

 

ずっと逃げて追われる状況が繰り返され、結局家に到着することになるが.. 結局、。

映像その後どのような事が起こったかは知ることができる方法がありません。

 

7. トゥユル(Tuyul)

f:id:bryan0230:20180720174109j:plain

とても理想した映像ですが、このミュジションらは自分たちの周りを彷徨する政令の姿が見えないようです。

 

東南アジアの神話からトゥユル(Tuyul)"は死んだ胎児を利用して黒い魔術で創り出した政令と申します。

彼らは基本的に無害だが、人間の呪術師たちを通じて犯罪に悪用されることもあるそうです。

 

8. ジョーンズタウン大虐殺

f:id:bryan0230:20180720174212j:plain

今回は映像がなく、音声資料です。

 

1978年、ジョンズ・タウンで900人以上が殺害される大事件が起きました。

宗教施設の指導者のジム・ジョーンズは信者たちに毒でも飲み物を飲ませたのです。

 

信者たちは強圧によって同意しなければならない、その中には子供たちもたくさんあったそうです。

混乱した人たちの声が音声で記録されており、この事件は9.11同時多発テロ事件が起こる前まで米国最大の人材に挙げられています。


スポンサードリンク