世界でたった3%しか持っているという"X表"手相!

"手相"は、東洋迷信というイメージが強いが、事実の西洋でも12世紀から"Palmistry"と呼ばれる手相術がありました。

今回はそのような手相の風変りの話を伝えていただきたいと思います。

f:id:bryan0230:20180719075842j:plain

人口の約3%しか持っている"X表"手相


スポンサードリンク
 

 

古代の科学の手相術はヒンドゥ切る占星術に根を置いています。

"Palmistry"は、インドが発祥の地で、この後、チベット、中国、エジプト、ペルシア(現在のイラン)を経て、全世界に広がったものと考えられています。

 

エジプト学者たちの中にはマケドニアアレクサンダー大王の手のひらにはX型の線があったと主張する学者らがあります。

偉大な指導者だったアレキサンダー大王は以前から手相術に関心を持っており、彼の行動はすべて手相によって計画されていたそうです。

 

このX型の手相を持った人は非常に少なく、全体人口の約3%程度に過ぎないとします。

f:id:bryan0230:20180719080113j:plain

モスクワSTI大学の研究員たちはこのテーマを分析するため、200万人を超える人たちを調査して論文を発表しました。

そしてその研究でX表示をどのような人が保有しており、その人の人生はどうかを分析しました。

 

この研究では生存者と死亡者すべて調査対象に行い、手のひらにX表示がある人たちから一つの共通点を見つけるようになりました。

X表示を持った人たちは大きな業績を実現するようになり、代々人々の記憶に残るようになることです。

 

f:id:bryan0230:20180719080206j:plain

彼らは専門分野の著名なリーダーまたは名前が知られている有名な人でした。

また、片手だけにX表示がある人は生きていく間に有名になり、双方の手のひらにX印の人物は死後の歴史にも名前が刻まれになったとします。


スポンサードリンク
 

 

この表示を両方手のひらに持った人物は、先に挙げたアレキサンダー大王、そして第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンなどがあります。

そして現存する人物としては、ロシアのリーダーであるプーチン大統領もこの表示を持っているといいます。

 

オバマ前大統領の数々の写真を分析してみると、この表示を持っていると考えられています。

f:id:bryan0230:20180719080320j:plain

X表示を持った人の特徴と運命

そして、彼らは他の人たちと違うユニークな個性と特徴を持っているとします。

 

1. 六感

 この表示を持った人たちは優れた六感を持っており、重大な局面で、この能力を発揮するそうです。

普通の人々は、五感を持っているが、X表示を持っている特別な人物は将来をある程度予測できる能力があるとします。

彼らは、非常に簡単に危険を感知することができるとされています。

 

2. 嘘を見抜く力

 この表示を持った人は、嘘を見破ることができ、人たちは彼らに嘘をしたくないと感じると申します。

もし嘘をつくと彼らは彼らは直ちに察知して怒りを表示するそうです。

 

彼らは最終的に嘘をついた人を許すかもしれないが、決して忘れないとします。

 

3. 優れた記憶力

 この表示を持った人たちは優れた記憶力を持っていることが知られています。

そして全ての状況に適応できて理解度も非常に高いとします。

 

手相術は12世紀から続いてきたと言ってます。

アレクサンダー大王が自分の手相を見て世界征服計画を立てていたなんて本当に驚きます。

 

非科学的と考えられる手相あるが、そこには、いかなる心理が隠れているのではないか?


スポンサードリンク