海の下に存在する水中レストランが開業。

f:id:bryan0230:20180718155008p:plain

ノルウェーの南端リンデスネス岬にある麦という村にどのような食堂が開業する予定です。

完成予想図を見ると、一般的なレストランの建物では見つからないのですが。

 

レストランの建物が半分くらい海に沈んでおり、継ぎ目がない巨大なブロック状の入り口部分は海岸岩壁を向いています。

事実、このレストランは欧州初の"水中レストラン"と言うのですね!


スポンサードリンク
 

 

レストランの3つの要素

欧州初の水中レストラン"Under"は3つの要素で構成されています。

建築、海中の生物の多様性を人々に伝え、料理です。

建築デザインを担当した"snøhetta"ウェブサイトには、下記のように説明されています。

 

"この三つの要素を通じて"Under"は"水中"での"驚くべき"経験を提供します。

このような経験は、畏敬と喜びを起こす、全ての感覚(肉体的なこと、知的なもの)を悟らせることになることです。"

f:id:bryan0230:20180718155149p:plain

リサーチセンターの役割までする水中建築物

 

"snøhetta"によると、このレストランは"海に満ちた生命とリンデスネス岬の岩の海岸に対する賛辞"と言います。

また、大自然の力を近くで見られる場所に位置しており、海洋生命のリサーチセンターの役割も担うことになると言います。

 

単純な水族館の役割ではなく、建物自体が海洋環境のイルブグヮなって水深5メートルの海底に横になっています。

建物はメートル単位の厚いコントゥリトゥ壁で構成されていて、水圧と厳格な海の環境でも耐えることができます。

厚いアクリル窓は季節や気象条件に関係なく海底が変化する姿を安全に見せることができます。

f:id:bryan0230:20180718155245p:plain

海中世界の驚異を伝えている。

 

2番目の要素は"海中の生物の多様性"という、大自然の驚異的です。

 水中レストランの名前"Under"はノルウェー語で二つの意味があります。

一つは英語が同じ意味の"下"であり、この場合には"水の下に"を意味します。


スポンサードリンク
 

 

もう一つの意味は英語で"Wonder"に該当します。

"フシギ"、"驚異"、"奇跡"などの意味を持っています。

"Under"のウェブサイトには次のように書かれています。

 

"ノルウェー南部リンデスネスで私たちは水中世界の経験を顧客に提供します。

神秘的、驚くべき水中世界はまだほとんど世に知られていません。

私たちは海洋生態系を見ることができるようにしてくれる顧客の目がなることを望んでいます。"

f:id:bryan0230:20180718155404p:plain

料理はどう?

 そして3回目のヨスは"料理"です。

"水族館"がない"レストラン"だから、当然メニューが気になります。

 

メニューは海産物中心で構成されるが、森や畑、水中、海辺など、この地域の複数の場所から救った材料を使用した食べ物も提供されるそうです。

これらの材料は"地域または、北欧流の料理で作られて忘れられない味覚の体験"を提供するそうです。

f:id:bryan0230:20180718155455p:plain


スポンサードリンク
 

 

このレストランのオープンは2019年1~3月程度になる予定だそうです。