地球の驚くべき事実6つ! 地区はもともと紫色だったと?!

私たちが住んでいる地球が青い具体ということは誰もが知っているが、その他の事実も知っていますか?

実はこの地区には驚くべき真実がたくさん隠れています。

今回は地区に対する驚くべき事実を6つ調べてみます!


スポンサードリンク
 

 

6. 地球の内部の海

f:id:bryan0230:20180718124546p:plain

2014年に地球の表面から660km地下に広い海が存在しているというのが発見されました。

 

その海は"リンウダイト"と呼ばれる鉱物の中にあり、スポンジのように水素と水を多分に含んでいます。

また、意外にもその量は地球の表面にある海の約3倍の大きさだと知られています。

 

このために地球の表面にある海は、もともとは地下に閉じ込められていた水が地質活動を通じて、土地へ飛び上がったため生じたという説が生ずるようになりました。

 

5. パンゲア大陸

f:id:bryan0230:20180718124709p:plain

パンゲアは2億5000万年前に存在した大陸で、現代の米国とオーストラリア、インドなどがついており、地球の表面の1/3近くを覆っていた一つのほぼ大学大陸でした。

 

パンゲアは約1億7千5百万年前に分裂を始め、現在我々がよく知っている大陸の形になったと言われています。

地質学者たちは2億5千万年後には構造プレートの動きによって大陸が再び合併することになって巨大な大陸を形成することになるものと考えています。

もし本当にそうなったら。。戦争がより多く起こるかも。

 

ちなみに、現在太平洋プレートにあるハワイは毎年約7.6cmずつアラスカに接近しているそうです。

 

4. 地区の一日が長くなっている。

f:id:bryan0230:20180718124817p:plain

1日は24時間というのは誰もが知っているが、実は地球の公転が減速され、一日の長さは年々長くなっています。

 

大体いくらくらい変化されていたら、地球の自転は10万年に1秒ほど長くなっているということです。

したがって、約6億2千万年前には1日が21.9時間だったとします。

 

これは月と太陽の重力によって起こるようになる"潮汐摩擦"(潮の干満によってひきおこされる海水や海底との摩擦)により、地球の自転速度が変化しているためです。

その他にも一日の長さは大きな自然、自害行為を呼ぶ可能性もあります。

 

実際、東北太平洋地震によって自転速度が若干速くなったと思うのですが。

一日の長さが1000万分の16秒ほど短くなったとNASAが明らかにしました。


スポンサードリンク
 

 

3. 地球の重力を一定しない。

f:id:bryan0230:20180718124914p:plain

多くの人々が地球のどこに行っても、重力が均等に作用すると思いますが、事実、カナダハドソン湾のように重力が弱い所もあります。

 

なぜこんなに重力が弱い場所が起きるのか?

ハドソンベイで万年前から、厚さ3.2 km~3.7kmの巨大な氷の固まりが(ロレン・タイドスケート)深い地中で重力を曲げているそうです。

 

また、指標160km地下で渦巻いているマグマが大陸プレートを引き寄せ、一帯の質量を減少させているため、重力が弱くなるようになったとします。

 

2. 地区は表面がごつごつした具体

f:id:bryan0230:20180718125030p:plain

写真で見た地球は完全な球形で非常に美しいと感嘆することになるが、実際の地球はジャガイモのように少しごつごつした形をしています。

 

地球は急速に自転しているために表面の物質が一様に分布されるものと考えられますが。

事実、海水が風、海流によって常に移動しているなどの様々な理由のためにこのようにでこぼこした形となったとします。

 

1. 地区は過去には紫色だった。

f:id:bryan0230:20180718125130p:plain

 

地球は海の青色と草木の美しい緑が調和を上げているが、過去は紫色だったという仮説があります。

 

植物が地球に広まること前、古代の微生物は赤い色や紫色を反射するレチナールという物質を吸収してイッオッカのために紫色をしていたということです。

 

メリーランド大学の微生物遺伝学研究の休みを全部サルマ博士によると、以降、緑色を反射する葉緑素という物質が網膜よりも効率的に光を吸収できるために徐々に葉緑素が網膜を代替するようになっており、それに比例して地球も紫色から緑色に変わっていったそうです。

 

こう見ると私たちが住んでいる今の地球も一瞬である可能性もありますね。

今後、地球は大きく変わって行くようになるかもしれません。


スポンサードリンク