天才たちの8つの共通点!! 天才が変に見える理由!

f:id:bryan0230:20180717212314p:plain

天才的な人物らには共通点があります。

変な癖や習慣があり、行動と言葉遣いがちょっと変わったりもするらしいです。

高知能の人たちが特異な行動をするのは、いくつかの理由があると考えられます。

 


スポンサードリンク
 

 

遺伝子や脳のサイズからかも知れないです。

あるいは子供の頃家庭教育に原因があるのかもしれません。

今回は天才たちに異常な理由8つを調べてみます。

 

8. 音に過敏

f:id:bryan0230:20180717212505p:plain

ペンが拍子木通りは音、時計秒針の音、呼吸音など、小さな日常の声は知能が高い人たちに苦痛がなる可能性があります。

 

このような症状は、マルセル・フロストでチャールズ・ダーウィンまで多くの天才たちがこの症状を持っていました。

これは創意力と絡んでいることで知られています。

 

これが極端に悪化すれば、微笑語圏に発展することになります。

このような患者たちは特に前頭葉の脳の形状が他の傾向があり、例えば隣にいる人がポテトチップスを食べている場合、脳の活動に大きな変化が現れるようになります。

心拍数の増加と汗が出るなど、生理的な変化まで起きると申します。

 

7.心配が多い

f:id:bryan0230:20180717212556p:plain

心配と知能の関連をシシハは研究はいろいろがあります。

どのような説によれば優れた脳は、別の見方や新たな要素を加味して常に情報を再評価することになり、これが大きな心配事や不安の原因になると言います。

 

不安や心配が創造性が高めるということわざもあります。

大きなクモが近くにいるなら、不便な想像をするしかないでしょう。

事実、このような種類の想像が長期的に恐怖を減らすのに役立つとします。

心配は創意力を高め、情報は不安感を高めると申します。

 

6.夜行性が多い

f:id:bryan0230:20180717212707p:plain

太古の人間が夜行性であったことを示唆する証拠はありません。

その理由は明らかですよ、その時代には人工的な光が存在せず、狩猟などのことをあえて闇の中にしなければならない必要性もなかったからです。

 

しかし、今は電気ということを通し、そのようなライフスタイルを選択できるようになりました。

その間の研究で知能が高い人たちは、進化に逆らおうとする傾向が現れています。

つまり、本能に逆らおうとすることです。

 

特に知能が高い人ほど夜型人間になる可能性が高いということです。

このような傾向は幼い時から現れるようになり、夜を立てることが多くの子供ほど高い知能を持つようになる傾向があるとします。


スポンサードリンク
 

 

5.人と似合わない

f:id:bryan0230:20180717212916p:plain

遠い昔の社会は生存のために協力する必要がありました。

そうした時代は過ぎたが、今も私たちは人たちの集まりに引かれています。

 

友達との交際が人生の満足感を高めることで知られているが、"劇団"敵として知能が高い人にはこれと関連がないことも判明しました。

 

このような人たちは交際が増えれば増えるほど、人生に対する満足感が低下されるそうです。

天才たちは独り善がりです。 それで一人でいることが幸せだと言います。

 

4.ブラックユーモアに爆笑

f:id:bryan0230:20180717213020p:plain

ブラックコメディと他人の不幸を見て爆笑したらそれは高い知能の証拠かもしれません。

ある研究で、ブラックコメディに対する感度が最も高かった人たちはIQが最高水準の高学歴者だったことが明らかになりました。

 

おもしろいものはこのグループは攻撃性評価で最も低い水準でした。

このような点でユーモアはストレスを緩和するのに重要であり、高い知能が人たちはユーモアを使用して憤怒と攻撃性を発散させていると推測されています。

 

3.過度に謙遜

f:id:bryan0230:20180717213105p:plain

知能が高い人たちは、自分の能力に疑いを持っており、他人の賞賛を素直に受け入れません。

これを"行けば症候群(imposter syndrome)"といいますが。

一説によると、知能が高い人たちはいつも成長し、生活と経歴に挑戦を続けているために新たな脅威的状況に直面しやすく、こうしたこと全てが偽であることのような感じを受けるとします。

 

また、本来の実力よりもっとも優れていると錯覚することになる"ドニン、クルーガー効果"による説明もあります。

 

例えば、知能が低く、問題を解決できないために人生が難しいと感じる人たちは多くのことを強要され、その結果を通じて,だんだん自分が優れた人間であることに枠ロムオプダコ認識することになります。

 

逆に知能が高い人は何でも簡単にできるために、人生は誰にも易しいことであり、自身を能力がないものと認識することになります。

 

2.中毒

f:id:bryan0230:20180717213155p:plain

天才は薬物によく落ちるという常套的なイメージがあります。

ジャック・ケルアクとビリー・ホリデーなどの麻薬によって夭折した天才的芸術家たちは特に、伝説的な名前を残します。

 

このようなイメージは科学的にも証明されます。

高い知能を持った人はアルコールや麻薬に陥りやすいとします。

 

仮説によると、IQが高いほど新しい経験にオープンになるのがその理由と申します。

また、このような人たちが社会的孤立する傾向がこのような理由の一つとして指摘されます。

とにかく、天才と麻薬の関係はきちんと立証付けられている現象です。

 

1.宗教

f:id:bryan0230:20180717213236p:plain

天才は無神論者である傾向があります。

IQが高いほど宗教に頼る傾向が低くなるという意見があり、そのような相関関係を作るのは無理という反論もあります。

 

しかし、IQが高ければ前提に疑問を抱く傾向が強くなるということには異見がありません。

これが宗教を含めた人たちの社会制度について疑念を抱く可能性があるとします。


スポンサードリンク