2028年未来から来た男。 未来に起こることを伝えにきたと告白!

f:id:bryan0230:20180717125325p:plain

ノアと自称するある男性が人々に時間旅行技術の存在を知らせ、また、近い未来にどんなことが起きたのか知らせるために命をかけて2028年の未来で、現在まで来るようになったと訴えています。


スポンサードリンク
 

 

この映像はユーチューブチャンネル"パラノーマルエリート"で公開されたのです。

 自称タイム・トラベラーは "嘘がない。 私の目標は、時間旅行が存在しているということ、そして私の資産が時間旅行者であることを証明する" と言いました。

 

2028年に時間旅行を使用できるようになる。

今後地球に起きることを順番に話している自称時間旅行者

 

ノアは、動画からこう言いました。

"時間旅行は2003年から可能になった。 今は極秘組織だけが使用することができる。

これが公表されたのは2028年のことだ。"

 

ノアは2028年、未来から来たとし、また、彼は拒食症とうつ病を患っていると言います。

表向きには若く見えるが、事実これは薬物によるもので実際には50台と明らかにしています。

 

また、近い未来に起こることを順番に話したりしました。

"2028年、その組織は時間旅行が現実であることを認めて公開することになる。"

"2021年、一つの製品が大流行することになる。 それはグーグルグラスと似たような眼鏡のようなものだが、処理速度は現在のデスクトップPCに匹敵する。"

"2020年の大統領選挙でドナルド・トランプが再選される。"

 

彼はこのようなことが100%確実に起こるはずと断言しています。

今は信じられないだろうが、すべて事実だと言います。

f:id:bryan0230:20180717125634p:plain

支援を受けて2017年に暮らすようになった自称時間・トラベラー

このような種類の不可思議を専門に扱う"パラノーマルインベスゲ伊豆"は彼が2017年の生活に適応できるように万円程度を支援したと明らかにした。


スポンサードリンク
 

 

ノアは最後に"関心を持ってくださってありがとうございます。 皆にいい未来が訪れるできるように祈っている。 それでは幸運があることを"

と言って、結び目なりました。

 

時間旅行は本当に可能になるかな?

 

奇妙にも英国サセックス大学の宇宙物理学者ジョン・グリビンは妻マリーと共同で発表した論文で、"時間旅行を不可能にする物理法則はない"と明らかにしました。

 

"その実現は困難を経験しが、不可能ではない。"

 そしてこの夫婦の研究によると、時間旅行を実現するためには、2つのことが必要だとします。

アインシュタイン一般相対性理論ブラックホールを理解しなければならないということです。

 

"時間旅行の可能性は最も極端な天体、ブラックホールで確認できる。"

"そしてアインシュタインの理論は、施工の理論なので、ブラックホールが原理的に空間と時間を移動する方法を提供するとしても驚くことではない。"

f:id:bryan0230:20180717125842p:plain

ブラックホール周辺には時間と空間をほとんど区別できない状態になります。

したがって、この謎の存在が時間旅行の鍵を握っているということです。

 

しかし、問題もあります。

とにかくブラックホールに近づくと、光さえ脱出できない大きな重力によって引いて引かれることになることです。

これを"特異点"と申します。

 

とにかく回転するブラックホールは過去や未来につながる入口になる可能性があるとします。


スポンサードリンク