交通事故で死を体験した男性が見た死後の世界

f:id:bryan0230:20180716230542p:plain

疾病、事故等どのような事情で意識を失って、心臓麻痺を患ったことになったが、死の沼から生還した人たちはいくつかの共通的な経験を持っています。

 

すぐに臨死体験ということなんです。

体から魂が去り、光にかきサイのかトンネルを通過したり、先祖たちの姿が見えることなどがあります。


スポンサードリンク
 

 

"ニアデス・エクスペリエンス・リサーチ・ファウンデーション(通称NDERF)"は死後の世界を体験した人たちの体験談を長い歳月の間、研究して来ているんです。

その中でも今度紹介する経験談が多くの注目を集めていると言えます。

ジョージ・J氏が、幼い頃交通事故に巻き込まれた時の話です。

 

幽体離脱を経験? 天国から見下ろすようになった。

事故直後、心肺停止されたジョージ氏はパラメデック(応急医療専門家)の手によって行われた心肺蘇生術のおかげで命を救うことができました。

その時彼は流体が離脱され、地球から遠く離れた空間で自分とパラメディックを見下ろしていたと言います。

f:id:bryan0230:20180716230819p:plain

 

その時の経験をジョージ氏はこう言いました。

 "私は、空からパラメディックが私の体を観察して応急措置を実施することを見ていました。

彼らは私が死んでしまったのではないかと当惑していました。

 

パラメディック方たちはすぐに心肺蘇生を図るため、私の服をまくり上げている時は私は天国に向かっていました。

その時私の耳元に'まだあなたは時がされず、現世にとどまって重要な仕事をしなければなりません'という声が聞かれました。


スポンサードリンク
 

 

その次の瞬間私は救急車の中で今まで感じてみたことがない苦痛を感じました。

私は、泣き叫んで病院の救急室へ向かうことになりました。"

 

臨死体験者に起きている共通した現象だ

こんな話を聞いたら大変不思議な現象だと考えるかわからないが、専門家らは、臨死体験者から共通的に起きる現象だと言います。

 

ニューヨーク州のNYUメディカルクリティカル・センター病院クリティカル・ケアと心肺蘇生術・リサーチセンター長のサム派博士は、次のように話します。

 

"人間は最も暖かくて優しい光が自分を歌っているという感覚に陥ることになるようです。

このような感覚を体験した人たちは亡くなった先祖でもしたことを見るようになることもあるし、まるで彼らが自分を歓迎するような感じを受けることになるとします。

 

天国に一歩足を踏み入れた人々の証言によると、そこで抜け出すのが嫌になったほど、本当に気持ちがいい、まるで磁石のように自分の精神が吸い込まれていく感じだったとします。

多くの臨死体験をした人々は遠くから眺めるような感じで自分と自分に応急処置を実施する人たちを上空から眺めたり聞いたりするようになるようです。"

 

f:id:bryan0230:20180716230952p:plain

ファニー博士によると、このような現象は科学的に究明されており、最近発表された研究によると、人間の脳は血流が停止された後も、約30秒ぐらい活動を継続することが分かったとします。

 

また、多くの事例で臨死チェロム中の脳はこのような映像を見せることで、自分の"命を救うために"努力していたとします。

 

"科学の発展で、我々は[死]を宗教や哲学だけでなく、科学を通じて説明できる時代になった"とファニー博士は話しています。


スポンサードリンク