南極に古代ピラミッドがあってもおかしくない科学的な理由

f:id:bryan0230:20180716204932p:plain

最近、南極でピラミッドと似たような地形が相次いで発見されています。

一部科学者はこのような発見を無視できない唯一の理由が南極にいると話します。

これが正確に明らかになれば、人類の古代史をまた書くべきかもしれません。

 


スポンサードリンク
 

 

南極は過去の温暖な大陸だった。

f:id:bryan0230:20180716205033p:plain

南極は北極と違って、氷の下に大陸が存在します。

南極は地球で5番目に巨大な大陸で、豪州より2倍も大きい面積を持っています。

そして遠い昔その大陸は今とは違う場所にいました。

 

南極は過去ゴンドワナ大陸の一部であり、現在よりはるかに北に位置していました。

4000万年前まで南極大陸は非常に温暖な地域であり、その時期には多くの動植物がそこに生息していました。

 

"私たちは南極がいつも雪や氷に覆われていると思いますが、南極が、氷の帽子を使うようになったのは、地質学的で、ごく最近のことです。"と言うリーズ大学のジェーン・フランシス・博士。

 

遠い過去にこの大陸に住んでいた生物たちは欧州、アジアと同様に発達した社会を構成していた可能性はなかったのか?

 

古代の人々はどのように南極の存在を知っていた?

f:id:bryan0230:20180716205133p:plain

公式的には1820年ロシア遠征隊が南極大陸を"発見"したとなっています。

しかし、古代の地図では南半球に"テラアウスからまねリース大陸"という巨大な陸地が描かれています。

 

紀元前350年にアリストテレスは南極について"テラアウスからまねリース大陸"が存在すると説明しています。

ギリシャの地理学者であるテュロスマリノスは西暦2世紀の世界地図にテラアウスからまねリース大陸を描き入れました。

 

古代ギリシア人は地球が球形であることを知っていたために、北半球と同一の大陸が南半球にもあってこそバランスがとれていないかと思いました。

そうして登場したのがテラアウスからまねリース大陸です。

 

当時は仮説上の大陸と考えられていたが、大航海時代にマゼランはテラアウスからまねリース大陸を目標にしてニュージーランドを発見することもありました。

 


スポンサードリンク