深海に住んでいるサメは違う! 魅惑的な深海のサメ。

f:id:bryan0230:20180716101340p:plain

サメという言葉を聞くと、何か巨大な"ホワイト・シャーク"を連想する人たちがたくさんいるが、実際にサメの種類は500種以上がいるそうです。

 

巨大で危険なイメージとは正反対のサメたちもあります。

特に深海に住んでいるサメたちは、深海に特化しており、非常に特異な姿をしています。

今回は深い海に住んでいる7種のサメをチェックします。

 


スポンサードリンク
 

 

1. ニシオンデンザメ

f:id:bryan0230:20180716101540p:plain

ニシオンデンザメ, 学名"Somniosus microcephalus"は眠りを意味するそうです。

世界で2番目に大きいこの肉食サメは時速1kmという速度でゆったりと泳いて生きていくのにです。

セギェで最も遅い水で吉良はニックネームを持っています。

 

このサメ肉にはトゥリメティルラミン-N-酸化物が含まれており、食べるようになったら、嘔吐、下痢、痙攣を起こし、外観に酒に酔った人のように見えるようになると言います。 (このため、グリーンランド人は酒に酔った人を"サメ病気"イラク歌ったそうです。

 

寿命も非常に長いです。

2017年に北大西洋で512歳の個体が発見されたりもしました。

 

 

2. ミツクリザメ

f:id:bryan0230:20180716101816p:plain

"ゴブリンサメ"とも言われるこのミツクリザメのトレードマークは獲物をつかむために頭蓋骨で飛び出したあごやそこにかかった鋭い歯です。

幸いにも、水深1,300メートル以上の深海に住んでいるので怖がる必要はありません。

 

えさを手に入れることが難しい深海で生き残るために、ミツクリザメは体に比べて大きな口を発達させ、イカや魚、あるいは甲殻類などを狩ってきました。

生態については今でもよく知られていないとします。

 

 

3. アイスランドケッシャク

f:id:bryan0230:20180716102022p:plain

メジロザメ目には、少なくとも32種のサメが存在しています。

上の写真のアイスランドケッシャ袋その同僚です。

大西洋北東側の海の下で生活するものと知られているが、詳しくは分かりません。

 

ゆっくり泳ぎ、体長は60cm程度まで成長します。

餌はイカ甲殻類であり、水深2km深さまで潜水するそうです。

 

また、英語でデーモンキャットサメともするんですが。

平らな頭と強烈に輝く目を見るようになれば理解できるでしょう。。

背中には骨のない二つの尾びれなどが飛び出して出ているというのも特徴的です。

 


スポンサードリンク
 

 

4.スウェル・シャーク・テイル

f:id:bryan0230:20180716102143p:plain

500メートルの深海には光がほとんどありません。

それで、スウェル・シャーク・テイル(Cephaloscyllium ventriosum)はお互いを識別するために、独特の方法を身につけました。

 

肌が青い光を吸収し、緑色蛍光に変化されることなんです。

彼らの目にいる光受容体は人間が見られない光を感じられるとします。

f:id:bryan0230:20180716102220p:plain

 

5.ダルマザメ

f:id:bryan0230:20180716102331p:plain

腎臓30~50cmのこのサメは吸盤のような口で餌にくっついて肉を食い尽くします。

クッキーカッターサメという名前は、獲物に残されている傷の模様のせいに付いたのですが、まるで小さなシャベルで暴いたような感じです。

 

クッキーカッターサメの歯の跡はマグロやイルカ、クジラなどでも見ることができます。

昼は水深1,000メートルより深いところに隠れているが、夜になると餌を探して浮上するからです。

 

このサメの襲撃を受けた人もいるそうです。

命を失うほどではないが、真夜中にこのサメの笑みを絶対見たくはないようですね。

 

6.ラブカ

f:id:bryan0230:20180716102442p:plain

8,000万年前から生きてきており、原始的なサメの特徴を持っている生きている化石です。

300個の歯が25列に並んでいるそうです。

 

 

6組のえらには、真っ赤なしわのようなことがあり、これによりラブカという名前が付くことになりました。

2007年に、ある漁師が生きているラブカを発見したと言うのにです。

直ちに海洋公園に移されたが、惜しくも何時間で死んでしまったとします。

 

7.幽霊サメ

f:id:bryan0230:20180716102555p:plain

2009年カリフォルニア湾2キロの深海で奇妙な生物が撮影されました。

長い鼻と幽霊のような感じの灰色の肌を持っていて、円盤状の目を深海の虚空を眺めていました。

そして7年後、この魚はポインティノーズ・ブルーにキメラ(Pointy-nosed blue chimaera)と判明されました。

 

 

サメの種類にも入っていて、幽霊サメという名前があることにもかかわらず、正確にはサメがないとします。

硬い骨の代わりに柔軟な軟骨を持った銀の箱の同僚とします。

 

その生態はほとんどベールに包まれているが、口に並んでいる点のようなのは獲物を感知するためていると考えられています。

また、オスは頭に折畳み式の生殖器を持っているといいます。

 


スポンサードリンク