地図には出ているが、存在していない島8つ

f:id:bryan0230:20180715145529p:plain

発見者らは自分の目で直接見て実際に島に上陸したとも主張します。

しかし調査団を派遣した時、その場所には何もなかったとします。

 

一時その存在があるものと信じられて一定期間指導にも記載されたが、調査を通じてその存在が否定されて地図から削除された歓声の島があります。

今回はそのような幻想の島をまとめてみたんです。

 

この中には誰か作り話もあるかもしれないが、当時、実際に発見され、地図に記載された島もあります。

 


スポンサードリンク
 

 

8. サンディ島

f:id:bryan0230:20180715145613p:plain

サンディアイルランド(Sandy Island)が実際に存在しないと明らかになったのは2012年のことです。

それ以前には、グーグルアースを含むいくつかの地図上に表示されてイッオウミョ、オーストラリアとニューカレドニアの間に存在すると記載されていました。

 

最初に記録されたのは1876年で、イギリスの捕鯨船ベロシティー号によってでした。

そして1908年、地図に記載されました。

 

調査団が派遣されたが、遂に発見できず、1970年代、一部の地図では削除されたりもしました。

面白い点は、フランスの地図には記載されたことがないという点です。

 

すなわち、フランスではその島が存在しないということをもう知っていたが、世界的にはその島が存在するとされていたということです。

もしこの島が本当に存在したならばフランス齢の島になったでしょう。

 

この島が存在しないのはシドニー大学の研究チームによって立証されたとします。

また、この海域には火山活動による様々な漂流物を見ることができるが、です。

ベロシティー号の船員たちはこのようなものを島と勘違いしたのではないかと考えられています。

 

7. 省ブレンダンの島

f:id:bryan0230:20180715145718p:plain

古代の地図が正しければ、性ブレンダンの島(Saint Brendan's Island)はカナリア諸島西部に位置していなければなりません。

 

この島の名前は512年この島を発見したと主張したアイルランドの聖職者の名前から由来しています。

彼はこの島を発見しただけではなく、他の14人の聖職者たちとともに上陸までしており、、ここで2週間生活したと主張しました。

 

ベリーノラは聖職者はその島は山、森、新しい、花で覆われていたと話しました。

しかし、これら以外にこの島を発見した人はいないと言いますね。


しかし、15世紀にこの島を目撃したが、悪天候のために上陸しなかったと主張する乗組員が登場することになります。

その後、ポルトガルの王は数隻の船をここに派遣したが、結局はだれももどってきなかったそうです。

 

性ブレンダンの島は地図にも記載され、何度も調査が行われていたが、18世紀になって結局、この島は存在しないという結論を下されることになりました。

 

他の意見では、過去実際に存在していたが、今は水没してしまったという説もあります。

この島が位置したとされている海域の下には、グレートミティアシマウントラは、海底火山が存在するためと申します。

 

6.ハイブラジル

f:id:bryan0230:20180715145814p:plain

ハイブラジル(Hy-Brasil)は、アイルランド西320km地点に位置していることが分かった島です。

この島が初めて記載されたのは1325年であり、1800年代にうそだと判断されて削除されました。

 

ヨーロッパ人はその島に高度の文明があると信じたそうです。

アイルランド人は、この島は厚い霧で覆われており、7年に一度だけ姿を示していると信じました。

 

地図に記載された名称、形状、位置もよく変更されたとするんですが。

イングランドは1480~1481年まで3回調査団を派遣したが、結局、島は発見されていません。

しかし、1497年、スペインのある外交官がイングランドは実際のハイブラジルを発見したと暴露しました。

 

1647年スコットランドの船長、ニスペットは、フランスでアイルランドに航海する途中この島を発見したと主張しました。

彼によると、部下4人がこの島に上陸し、そこで一日を過ごしたと言いました。

彼はこの島に住むある老人から金銀の宝を受け取っており、また、魔女も住んでいたと語ったと言います。

 

これを確認するため、アレキサンダー・ジョンソンという人が調査を進めたとするんですが。

金銀の宝を持った老人は発見できなかったが、この島に上陸することはできあったと主張しました。

 

また、1872年にもウェストロプイラは人がハイブラジルを目撃したと証言しました。

ウェストロッブは3回もこの島に上陸し、そのうち1度は家族に連れていったと証言しました。

彼によると、この島は消えてからまた現われることを繰り返したそうです。。

 

5.フリースルレンドゥ

f:id:bryan0230:20180715145853p:plain

1558年のベネチア出身のニッコロ・ジェノは彼の祖先が1380年代フリースルレンドゥ(Frisland)という島を発見したと主張しました。

 

ジェノによると、この島の位置はアイスランド南方にあり、東側にはノルウェー、西側にはエストティーランド(Estotiland)があるそうです。

エスのトティーランドは、北アメリカにいるニューファンドランドラブラドル(カナダの州)だった可能性があるが、もしそうだとしてもジェノの先祖はコロンバスより先にアメリカ大陸を発見したということになります。

 

フリースルレンドゥはいくつかの地図上に記載されたりもしたが、19世紀に入りいずれも作り話だと結論を下されました。

しかし、1989年した文献学者は、ジェノの話は事実だと主張しました。

彼の言葉によると、新大陸発見したのは事実コロンバスがなくて、イタリア人だったそうです。

 


スポンサードリンク
 

 

4.バス島

f:id:bryan0230:20180715145947p:plain

バス島(Buss Island)はアイルランドと上で言及したフリースルレンドゥの間にあるといわれていた島です。

発見者は、マーティンプロビショとは、船員に、バス島と名つけました。

 

1671年トーマス・牧師がこの島を実際に確認したと主張して指導にも記載されました。

これにタルイングランドも調査隊を派遣していたが、結局、島は発見されていません。

 

時々偶然この島を目撃したという証言が提起されたが、調査隊はこの島に到着できなかったとします。

1776年、バス島があると知られた所に浅瀬が発見され、この島は沈んだという推測も出ました。

 

このためにここは"バスの水没地"という名前に変わるようになりました。

しかし、1818年の調査で、ここに浅瀬がないことが現われるようになりました。

バス島は19世紀まで地図に記載されていたそうです。

 

3.クロコランド

f:id:bryan0230:20180715150924p:plain

1907年ロバート・ピアリーは、カナダ北西209km離れたグリーランド周辺で、この島を発見したと主張しました。

彼はこの航海のスポンサーの一人だったジョージクロコと関連しており、この島にクロコランドという名前をつけました。

以降、"Nearest the Pole"という本を通じてこの島について言及しました。

 

多くの人たちは、この言葉を信じて、数回調査団を派遣したが、この島は発見されていないが、追って"北極の失われたアトランティス"と呼ばれるようになりました。

 

1910年から1913年まで製作された地図の北極にはクロコランドが記載されており、一部では大陸という説まで提起されました。

特に、米国はこの島に大きな関心を見せていたとするんですが。

しかし、結局はロバート・ピアリーの嘘だったことが現われるようになりました。

 

2. ドーハーティ島

f:id:bryan0230:20180715151010p:plain

発見者であるダニエル・ドハティ船長の名前から由来したドハティ島(Dougherty Island)は、彼が1841年、ニュージーランドでカナダに行く途中、太平洋南方で発見しました。

 

他の乗組員たちによってその存在が確認されたが、1904年にここを通過したスコット船長は何も発見できなかったです。

1931年8月11日、オーストラリアのシドニーモーニングヘラルド・は英国、オーストラリア、ニュージーランドの共同調査団を通じてこの島があると考えられている地点を通過したが、やはり何も発見できなかったと報告しました。

 

調査チームを率いたメクケンジの船長によると、この島があると知られている海域のすぐ上を通過したそうです。。

天気もかなり良かったが、半径19kmの範囲で、この島は見えなかったとします。

 

1937年・ドーハーティ島は結局、英国の指導で削除されたとします。

 

1. エメラルド島

f:id:bryan0230:20180715151047p:plain

1821年ノケルス、船長は、マッコーリー島の南、南極付近で新しい島を発見しました。

彼は船の名前を取ってエメラルド島(Emerald Island)と名づけました。

 

一調査隊がこの島を発見したと報告した反面、他の調査団は発見できなかったと報告しました。

それでこの島は姿を見せたり消えたりするという説もありました。

あるいは過去に実際に存在したが、地震活動で水没してしまったのではないかという推測もありました。

 

目撃者たちの間でその姿についての証言も一致しなかったですが。

切り立った絶壁だらけの山があったという証言があれば、木で覆われている緩やかな山が並んでいたという証言もありました。

また、1890年には、ある船長によって岩だらけとなっており、上陸することができなかった証言もありました。

 

1840年米国のウィルクス准将が率いる2隻の船がこのところを通過したが、何も発見できなかったそうです。

続いて1877年にも、ある船長がこの一帯を通過したそうだが、やはり何も発見されませんでした。

1909年と1910年にもこれと似たようなことがありました。

 

しかし、1894年と1949年には面白いこともありました。

 

1894年南極調査を進めていたノルウェーの調査船がこの島を発見したが、事実氷山であったことが判明されたのです。

1949年にはニュージーランドの海軍がこの島を目撃して近づき、よく見ると海面付近まで垂れ下がった雲だったそうです。

 


スポンサードリンク