宇宙で起きたおかしな事件11つ

宇宙は本当に変なところです。

私たちが解決しなければならない多くのミステリーを持っています。

 

このようなミステリーをほぐすため接近すればするほどもっと多くのミステリーが登場するようになって、いつも科学者たちの頭を痛めています。

UFOで奇怪な光に至るまで.. 宇宙という冷たい真空状態で様々なおかしな事件がありました。

 

彼らは何だろうか。 どこからきたのだろうか? どう説明すればいい?

科学者はこのような問いに対する答えを探すため、今も努力しています。

 


スポンサードリンク
 

 

果たして宇宙でどのようなおかしな事件があったんでしょうか。

今回は宇宙で起きた非常に不思議な出来事10つを調べます。

 

11.宇宙船から聞こえてきたノック音

f:id:bryan0230:20180714102926p:plain

中国のヤンリウェイ氏は、中国が神舟計画を通じて宇宙に打ち上げて送った一番目の人物です。

彼は21時間、任務を遂行し、誰かが宇宙船を叩く、ノックの音を聞くはめになったとするんですが。

 

彼はこの、ノックの音を調べるために努力したが結局何も見つけられなかったとします。

まだ確かに明らかにされたことはないが、一部科学者は、宇宙で膨張しては収縮される宇宙船のためである可能性があると考えています。

 

10.宇宙の神秘な光

f:id:bryan0230:20180714102958p:plain

2007年、科学者たちは数ミリ秒間持続される"早いラジオ破裂"と呼ばれる神秘な光の閃きを発見しました。


不思議なことに、科学者たちはこの光が何であり、どのように発生したかどうかをまったく分からないとします。

中性子星、崩壊されたブラックホール、或いは宇宙人を含めた多様な理論が出ています。

 

9. 107億光年の距離で起きた大変な出来事

f:id:bryan0230:20180714103035p:plain

我々銀河系は比較的安定した状態を維持しているが、宇宙全体は本当に恐ろしい所だということを忘れてはいけません。

例えば、科学者たちは最近、地球で107億光年離れたところで突然レントゲンの爆発を発見しました。

 

科学者らはこれが一種の破壊的かつ激変的な事件だと思っています。

これが生産したエネルギーは、我々銀河系のすべての星を合わせたものより千倍もさらに強くしました。

科学者らはこれが何かまたは何がこのような爆発を起こしたかについてまったく分からないとします。

 

8. クエーサーは水を保存している。

f:id:bryan0230:20180714103107p:plain

約120億光年の距離にあるクエーサーは、地球が持っている水の質量の140兆倍に達する莫大な量の水を持っています。

宇宙で水を発見すること自体はそんなに変なものではないが、このように膨大な量の水がどのようにクエーサーで作られたのかはミステリーです。

 

7. ミレニアム・ファルコンの形の物体

f:id:bryan0230:20180714103140p:plain

Jadoe Beesonという人はライブISSを見て多少変なことを発見することになります。

彼が発見したのは、スターウォーズのミレニアム・ファルコンと似た物体でした。

彼はこの物体の正体を確認するため、ねじに資料を送ったとするんですが。

しかし、ねじはついに答えなかったそうです。

 

6. NASAはライブフィードを調整する。

f:id:bryan0230:20180714103216p:plain

ねじが地球の姿をリアルタイムで見せてくれていた2015年1月15日。

変な物体が地球のすぐ上で現れました。

 

ねじは、この物体がカメラの視野に入ったとき、直ちに放送送出を中断させました。

果たしてその物体は何であり、なぜねじはそれを隠そうとしたのだろうか。

 

5.生きているバクテリアの発見

f:id:bryan0230:20180714103245p:plain

一般的に生きている生物は冷たい宇宙空間で生存できないと言われています。

しかし、最近宇宙飛行士たちは、国際宇宙ステーションの外で生きているバクテリアを発見したのですが。

 

このような発見はいくつかの人間を騙して、外界の生命体に対する最初の証拠だと主張するように作りました。

しかし、宇宙飛行士たちは上昇する空気がこのバクテリアを地球の上層大気に運搬するようになり、これを通じて宇宙船に付着したのだと言います。

 


スポンサードリンク
 

 

4.宇宙飛行士らが目撃した変な物体

f:id:bryan0230:20180714103333j:plain

NASAの宇宙飛行士Story Musgraveが宇宙にいるとき、チューブの形の物体を目撃したと主張しました。

彼はこの生物を二度も目撃したと主張しており、大多数の人々が宇宙ゴミだと無視するのに彼は彼の主張を曲げなかったそうです。

 

f:id:bryan0230:20180714103401p:plain

アポロ11号の任務を遂行した多くの宇宙飛行士たちに異常な閃光を目撃したと主張したんです。

彼らは目をつぶっていてもこの光を感じることができた上、白色、青色、黄色だったと言いました。

 科学者たちは宇宙飛行士が宇宙船(cosmic rays、宇宙線)の影響を受けたものと結論を下しました。

 

f:id:bryan0230:20180714103434p:plain

また、ESAの宇宙飛行士Samantha Cristoforettiが初めて国際宇宙ステーションに到着した時、宇宙ステーション近くで変な血の色のオレンジ色を発する物体を目撃したとします。

彼女はあまりに興奮してそれを教えて"宇宙人"と呼んだとします。

 

f:id:bryan0230:20180714103510j:plain

水星探査の一環としてゴードン・クーパー少佐はマーキュリー宇宙船に乗って地球の軌道を旋回しました。

彼は任務の途中で、彼に向かって接近していた緑の構体を目撃したと主張したんです。

 

オーストラリアのムチェアに位置しているチュジョクソでも異常な信号を捕捉したそうです。

 

3. NASAは、意図的に火をつけた。

f:id:bryan0230:20180714103601p:plain

NASAは、意図的に宇宙空間で火をつけてみることに決定しました。

宇宙で火がどのように作用するかを理解するための精巧な実験だったんです。

 

果たして結果はどうだったでしょうか。

一度は、ぼんやりした球形の姿を見せたとあり、また一度は地球と同様に姿を見せたそうです。

科学者たちはまだ宇宙空間で火がどのように作用しているのか分からないって言ってます。

 宇宙空間で火がどうそしてどれほど早いスピードで広がってこのような火が宇宙飛行士にどのような脅威になるか引き続き実験を進めていく予定と申します。

 

2. 宇宙で培養したバクテリア

f:id:bryan0230:20180714103650p:plain

生きている生物は宇宙に出ると、変化することになります。

これはバクテリアも例外ではないです。

 

Cheryl Nickersonという宇宙飛行士はサルモネラ菌を宇宙へ運んで、11日間保管していました。

以降、地球に戻って実験用マウスにサルモネラ菌を感染させ、どのように変化されるかを見守ったが、です。

 

一般的にこの菌に感染したマウスは普通7日以内に死ぬことがあるが、このサルモネラ菌に感染したマウスは二日ももっとはやく、そしてもっと低い量で死ぬようになりました。

他のバクテリアを利用し、類似の実験が行われたが、結果は"予測できない"だったとします。

このようなバクテリアがどう変化したのか、そしてその変化が地球に戻った時、どのような影響を及ぼすことになるのかは全く知ることができなかったとします。

 

1. 天の川は他の天の川をくいます.

f:id:bryan0230:20180714103722p:plain

NASAは、ハッブル宇宙望遠鏡を使って銀河系の変な特徴を発見しました。

彼らは天の川がどのように形成されたのかを理解するため、銀河界の外に位置している13つの星を研究したんです。

 

NASAは数年間の研究結果、天の川は基本的に自分よりもっと小さな天の川を食べてしまったことで、さらに大きくなったのだと結論を下しました。

 


スポンサードリンク