男と女、賢明なのはどっちなのか?

f:id:bryan0230:20180713195434p:plain

男と女、考え方がまったく違うと思ったことはないですか?

 女の心は本当にわからないダラゴナ、男は単純ダラゴナ、世間からソクサクヨジている話。

事実でしょうか

今回は男性と女性、賢明なのはどちらかというテーマで、ポスティングしてみます。


スポンサードリンク
 

 

1. 脳の大きさ

f:id:bryan0230:20180713195509p:plain

最初の、男女の脳がどんなに違うのかよく見てみるようにします。

 

男女の脳の大きさを比較して思えば、男性は1400~1500グラムであり、女性は1200~1250グラムくらいなると言います。

男性の方がちょっと大きい脳を持っていますが、鯨や象が人間・ボーダーもっと大きな脳を持っているにもかかわらず、知能が優れているものはありません。

このような点からも分かるように、脳の大きさが知能に直接影響を与えることはありません。

 

2.男女の特性

f:id:bryan0230:20180713195544p:plain

上の写真は男女の脳神経の動きを見たものです。

 

男性は神経が前後に集中しており、女性は左右に集中されていることを知ることができます。

このような差異により、男性は一つのことに集中する能力と空間把握能力、決断力が優れた傾向があります。

その反面、2つの仕事を同時に言うのが苦手で、相手の気持ちを忖度することも苦手とします。


スポンサードリンク
 

 

女性は言語能力と二つ以上の作業を同時にできる能力、そしてコミュニケーション能力が高い傾向があります。

一方、空間把握能力は男性より落ちて、地図を読むのが難しかったり、持っていたバッグを他人に当たるなどの現象が起こるのです。

 

IQを見てみると、男女の知能差はほとんどないと上で扱ったものの、テストでは最高のIQと最下位のIQがすべて男性から出たそうです。

女性の場合、男性より平均的な成績を挙げる人が多いという傾向があります。

しかし、男性の数学者や宇宙科学者が圧倒的に多いということは何か疑問です。

事実これは古い固定観念が影響を与えているためと申します。

 

3.固定観念の脅威

f:id:bryan0230:20180713195639p:plain

"男女は知能の違いがある"と聞いた女性のテストの結果が悪く出ており、"男女の知能には差がない"と聞いた女性のテスト結果は男性と同一したという実験結果があります。

これを"固定観念の脅威"といい、得意とする科目もよくできないかもしれないという不安感のために成績が落ちる現象のことをいいます。

 反対でそのような不安を除去すると、成績が回復されたのですが。

このような"固定観念の脅威"が現代時代の男女能力差に影響を与えているとします。

 

4.能力差

f:id:bryan0230:20180713195718p:plain

このような影響は約6歳の時から始まるとします。

 6歳になると男の子と女の子すべて天才や神童または英雄という単語を聞くことになれば、"少年"を思い浮かべることになるとします。

このような固定観念が女性の能力に影響を与えているという分析があります。

 

また、このような信頼は就職にも影響を与えることになります。 

研究所の管理者職に応募する書類に男女の名前を任意につけてみた結果、男性の名前が"能力"のために"雇用する"という評価を得やすいということを知ることができました。

 

しかし、世の中には、一流の研究者、経営者、数学者として成功した女性たちもたくさんあります。

ロザリンド・フランクリンはDNAの二重らせん構造を発見して出しており、キャサリン・ジョンソンはアポロ11号の月面着陸を支えたし、マリアム・・ミルザ蟹は、数学のノーベル賞と呼ばれるフィールズ賞を女性初で受賞しました。

 

結局、男女には特性の違いは存在するが、IQなどの能力差はないとすることができます。

あなたの能力を引き出したり、引き出すことができなかったりするのは、全面的にあなたの信頼にかかっているということです。


スポンサードリンク