ペルーのナスカで指が3つだけのミイラの発見!DNA検査の結果

f:id:bryan0230:20180705095959j:plain

昨年、ペルーのナスカで奇妙な人形の包帯フェティシズムした遺体がミョッチェ発見された。 これは盗掘者によって知られるようになったという。
宇宙人だろうか。 それとも奇形の人間だろうか。


スポンサードリンク
 

とくに三指を持った"マリア"というミイラは、当時大きな話題になった。 そして今その正体が明らかにされようにしている。

 英国の研究陣は、最近DNA分析と放射性炭素年代測定法を利用して徹底した調査を実施した結果、ミイラは1800年以前のものに、人間の新型である可能性が高いという。

 

-DNA分析を向けてサンプルを採取

f:id:bryan0230:20180705100204j:plain

ミイラを調査して、DNA分析を向けてサンプルを採取できる機会を得た研究者で、映像作家だった英国の不可思議研究団体"MapIt"の会長、スティーブ・米良氏だ。

 彼らは昨年7月にペルーに飛んできており、関係者の取材も並行している。

 ザ・サン紙によると、米良シウェ1人はアンデス山脈の秘密の場所に案内され、そこでミイラをレントゲン検査することができた。 その結果、"歴史を再び作成することができる"台発見があったという。

 

-ミイラ"マリア"はほとんど人間と同じ構造

 検査の結果によると、三指に長く伸びたミイラ"マリア"は、98.5%が"霊長類"だが、残りの1.5パーセントは不明という。 すなわち、人間の遺伝子構造と似ているという。


スポンサードリンク
 

ここで、マリアは今まで知られていない初期の人間の一種と米良氏は考えている。
マリアは一応、内臓がきちんと備えられており、指紋もあるという。

f:id:bryan0230:20180705100424j:plain

-マリアは本物のミイラ

 昨年4月、ミイラはインカ帝国に関する考古学専門というインカリ研究所に移送された。

 "マリアの遺体が驚くべき発見な証拠がある。歴史を永遠に再び作成することができた発見だ。 マリアは21世紀で最も重要な発見とみられる"と米良氏は明らかにした。

 牙、耳がないこと、水平の肌ユンソンなど、特異な特徴は、事後に加工されたことだと思ったが、米良氏の見解はそれらは本物だという。

f:id:bryan0230:20180705100533j:plain

今までに、きちんとしたDNA分析を実施したのは米良氏の研究チームだけだとして、もうマリアはペルー政府がきちんと管理しなければならないと考えている。

 

-今は博物館に移されて相当な管理が必要

"謎のミイラは、宇宙に起源があるという非科学的な主張が聞こえてきているが、今回もそれを反証しようと試みたが、マリアの特異点と反証することができたと思う"

f:id:bryan0230:20180705100617j:plain

チームは現在ナスカの市場と交渉しているが、ミイラをナスカの博物館に移すことができるように進行中だ。"ミイラは急速に損なわれている。 遺体が生きているハイブリッド、爬虫類型宇宙人のと、信じたくて努力するグループもあるが、それはうそであり、その試みは終えなければならない"


スポンサードリンク
 

"他団体による報告は、疑って大丈夫な学者も参加しないというのが実情だ。 マリアのDNAで発見された発見はまさに最高の専門家として注目すべきもの"と米良氏は語っている。