神に捧げる生贄に'人間'を選択した'アステカ文明'の最後

f:id:bryan0230:20180705003242j:plain

祭祀長は、素早く供え物の体に刀を刺して静かに心臓を除去した。 神に捧げられた供え物は人間であり、司祭たちは死体を他の意識空間に移した。


スポンサードリンク
 

数年間の練習と豊富な解剖学的知識、そして今日の外科用のメスより鋭い黒曜石日を利用し、首と脊椎の骨の間薄い空間を切開した。
祭祀長は鋭い刃物で顔の皮膚と筋肉を手際よく剥がして骸骨を作った。

f:id:bryan0230:20180705003334j:plain

その後頭蓋骨の両方に大きな穴を開けて、同じ方式で準備した他の頭蓋骨を連結して塔を積み上げた。その後頭蓋骨の両方に大きな穴を開けて、同じ方式で準備した他の頭蓋骨を連結して塔を積み上げた。
 連結された頭蓋骨はテノチティトランのマヨル寺院にあるピラミッドの前にしっかり固定された。 一つは戦争の神'ウィチルロポチュトリー'を向けて、また他の一つは雨の神'トラロック'に捧げられた。
 数ヵ月間、あるいは何年も風雨にさらされた人間の頭蓋骨は歯が抜けて、さらにはあごもなくなる。 祭祀長はそれをマスクで作ってまるでコレクションのように集めておいた。

 

f:id:bryan0230:20180705003420j:plain

水準の高い文化を遂げたのと違って、アステカ人たちが供えた頭蓋骨はアステカの永遠の繁栄を保障する種のようなものであった。
春の新芽がおこって、初のつぼみを良くする花のように生命と再生の象徴だった。


スポンサードリンク
 

しかし、1519年テノチティトランに進撃したスペイン征服者たちは彼らの意識を生命と再生の象徴がなく、死の祭りで見た。

f:id:bryan0230:20180705003515j:plain

そして彼らはアステカ人たちの意識を人間と神を冒涜する行為と規定して、侵略を正当化した。 結局、1521年、スペインの征服者たちはアステカ文明をのんてしまった。

 数世紀が過ぎ、学者たちはアステカの頭蓋骨塔が本当に存在したのかいぶかり始めた。 メキシコ国立人類学、歴史研究所の考古学者たちは、その事実をはっきりと言えるようになった。

 2015年初め、メキシコシティ大聖堂の後ろにあり距離で植民地時代の住宅の下にいた頭蓋骨台と塔の遺物を発掘してきたからだ。

f:id:bryan0230:20180705003603j:plain

まるで小説を見るようなこの話は科学専門メディアのサイオンスメクに紹介されたが、14~16世紀にわたってメキシコ中央高原でインディオによって花を咲かせていた古代アステカ文明の実話だ。

 アステカ王国の首都であり、聖なる都市と呼ばれた'テノチティトラン'で行われた意識は数千人の人間を犠牲死させており、その対価は滅亡であった。


スポンサードリンク