実際に存在すると信じられている'未確認生命体'

f:id:bryan0230:20180628140843j:plain

未確認飛行物体(UFO)については、世界の多くの人々が関心を持っています。
しかし、'未確認生命体'やはり存在するという事実を知っていますか?


スポンサードリンク
 

未確認生命体は特定地域に伝わる伝説でもあり、それとも人々の恐怖心によって作られたものであることもできます。
今回はメンタルのプロスで整理した未確認生命体について紹介します。

 

1. ゾンビ

f:id:bryan0230:20180628141203j:plain

映画やドラマでよく登場するゾンビは'ハイチ'で広く信じられている民間信仰人'ブードゥー教'によって誕生しました。
ブードゥー教ではより広い意味で悪魔崇拝や呪術などを含めた関心を意味します。

人間の遺体が復活して作られるゾンビが大衆文化に初めて知られるようになったのは1929年、ウィリアム・ブルックが執筆した'マジック、アイスランド(The Magic Island)'から紹介されてからです。

1932年にはこれを映画'ホワイトゾンビ(White Zombie)'にし、全世界に広く紹介されました。
ブードゥー教ではゾンビが実際に存在して信じ、これを見たと証言する人も多いのが現状です。

 

2. ビッグフット

f:id:bryan0230:20180628141644j:plain

2mを超える身長に全身が毛に囲まれた巨大類人猿ビッグフットは、太平洋北西部の山岳地帯と森で暮らしていると知られています。 興味深いことに、カナダで主に目撃されます。 ビッグフットを実際に目撃したと主張する人たちの言葉によると、人間を非常に警戒するそうです。


スポンサードリンク
 

ビッグフットに関する目撃談を見ると、1924年カナダのある農民は、ビッグフットに家を襲撃されて拉致されたと主張する一方、さらに、UFOが現れ、ビッグフットを降ろして消えたという目撃者まで現われたりしました。 ビッグフットを研究する人々は様々な証拠を出しているが、現在まで十分に明らかにされたことはありません。

 

3. クラーケン

f:id:bryan0230:20180628141804j:plain

北欧の伝説によると、クラーケンは、船と船乗りたちを炎に包まれる巨大な'レヴィアタン'と表現しています。 船に乗って沖に出た人たちが15m以上の大王イカを見てこのような伝説が生まれたと思うのですが。 しかし、非常にごく少数の人たちはクラーケンの存在を証明し、と言い、依然として沖でクラーケンを求めてさまよっています。

 

4. ネス湖の怪物

f:id:bryan0230:20180628141851j:plain

未確認生命体の中で、世界で最も有名なネス湖の怪物'ネッシー(Nessie)'は、スコットランドネス湖に住むと言い伝えられています。 最古の目撃記録は6世紀頃です。 その後1934年に英国出身の医師が撮影したとする写真が出たが、操作されたことが判明しました。

 

5. ドラゴン

f:id:bryan0230:20180628141952j:plain

龍は世界の多様な文化に登場する動物です。 その起源を恐竜で訪れる人たちもいて、神話から訪れる人たちもあります。

 人類学者のデービド・ジョンソン氏は自分の著書'An Instin for Dragons'を通じて"巨大な捕食者に対する恐怖がドラゴンの起源だ"と明らかにしています。 しかし、依然ドラゴンの存在を信じる人が多いです。

 

6. 人魚

f:id:bryan0230:20180628142058j:plain

人の上半身と魚の下半身の人魚はやはり多様な神話に登場します。 その姿は美しい女性の姿で表現されています。 どの国では怖い怪物で表現したりします。

 人魚に関する最も古い記録は古代王国バビロニアの神話に登場するのですが。 興味深い点は毎年、人魚を目撃したという人が登場するということです。


スポンサードリンク