中世の魔術師たちが必ず読まなければならなかった必読書'魔術本'5冊

f:id:bryan0230:20180627135547j:plain

中世時代にも魔術師がたくさんあったという事実を知っていますか? 彼らは主に魔術本を通じて魔術を学びました。
映画や小説、アニメなどで見ることができる単純なフィクションではなく、昔の人が実際に見た本でした。 怪物を召喚したり、誰かを呪詛する内容に満ちていた。 本稿では、中世の魔術師たちの必読書だった魔術本5冊を紹介します。

 


スポンサードリンク
 

 

1. 降霊術手引書

f:id:bryan0230:20180627135748j:plain

降霊術は死者の魂を呼んできたものを言います。 ドイツ・ミュンヘンバイエルン国立図書館に所蔵されているこの本には存在しない軍隊を召喚して敵に見せる方法が記録されているかと言えば、怖い怪物を召喚する方法も書いてあります。 降霊術に成功するためには必ず生物を供えなければならなそうです。

 

2. 賢者の目標

f:id:bryan0230:20180627135841j:plain

11世紀に書かれたこの本は計400ページに達する情報量を誇る魔導書です。 本に掲載されているほとんどの製剤は人間に強力な力を与えることなんです。 その中には大便や血液、精液と混合しなければならない変な薬もあります。 中世の魔術師たちも超能力に関心が多かったようです。

 

3. がルドラ

f:id:bryan0230:20180627140050j:plain

アイスランドに伝わっているこの魔導書は注文だけでなく、本にルーンが刻まれている特徴を持っています。 このルーン文字が与える力は、敵が戦闘に使用する言葉などの動物を殺す呪いから敵に深刻な伝染病が広がるようにするものなど様ですが。 戦争のための魔導書でした。

 


スポンサードリンク
 

 

4. ホノリウスの誓い

f:id:bryan0230:20180627140149j:plain

テーベのホノリウスという正体を知ることができない人物によって書かれた本です。 この魔導書は3冊以上のコピーが存在することを禁止して、所有者は終生、女性と結婚してはいけないという内容が書かれています。 敵国に洪水を起こしたり、台風を駆って来るなどの呪術が書かれています。

 

5. 悪魔の偽王国

f:id:bryan0230:20180627140242j:plain

この本は69人の悪魔とその召喚方法が詳細に記録されている魔導書です。 1577年に発行された'悪魔の眩惑について'という本の付録で添付されていたのです。 盗みをする悪魔、火をつける悪魔などを召喚するといわれています。

 このように中世の魔術師たちのバイブルだった最古の魔導書5冊を見たのですが。 当時、魔術師たちは科学的に証明されていない方法を実際に行なったとするが、果たして効果があったかは分かりませんね。

 


スポンサードリンク