子供自閉症、血液検査で88%予測可能

自閉症(ASD)の子供は血液検査で97%以上の精度で予測することができるという研究結果が2017年8月に負傷したが、一部の保健機関で研究内容に問題があるという指摘を受け続けてきた。

 

f:id:bryan0230:20180625231228j:plain

これに対してRensselaerポリテクニック大学で生命工学の教授を歴任しているユルゲン、カン氏研究チームが研究内容を再検討して再び実験を実施した結果、血液検査でASDの子供を88%の高い精度で予測することができるということがわかった。

 米国疾病統制予防センターによれば、約1.7%の子供がASDの診断を受けているということだ。 しかし、2018年時点では、ASDの診断は臨床観察によるものとしか実施されなかったために、大半の子どもは4歳までASDかどうか結果を知ることができないという問題があった。

 


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180625231319j:plain

カン氏研究チームは子供の自閉症の診断を早期にするため、血液の中の代謝産物のパターンでASDと関連があると疑われることを見つけて、ASDであるかどうかを判定するビックデータ技術を利用した予測システムを開発した。

 

以前の研究では研究チームは予測システムに24種類の代謝産物のデータを入力して149人の子供たちの血液サンプルを調査して97%以上の精度で診断することに成功した。
今回の追跡調査では、予測システムに使用する代謝産物のデータを22つに減らし、アーカンソー児童研究所に保管されていた154人分の子供の血液サンプル調査を実施した。
そうしたら予測システムは88%の正確さでASDを判定するのに成功した。

f:id:bryan0230:20180625231438j:plain

"私たちは以前の研究と他の子供たちを調査して、以前と一緒に高い精密度で自閉症を患っているのかを予測することができました"とカン氏は言って、当初の指摘を挽回できるという自信を披瀝している。

 

2018年6月末時点でカン氏は、この予測システムを使用した診断を臨床実験に移転することを計画しており、早ければ、今後、数年内にASDの診断に使用することになるだろうと述べている。

 


スポンサードリンク