脳に電気刺激を送って"アルツハイマー病"の進行を遅らせることができる可能性の発見!

認知症の一つだったアルツハイマー病は、脳組織が萎縮するものと高度な判断機能の低下や、性格の変化などを起こす病気だ。 主に高齢者に症状がみられて、ベビーブーム世代の多くの老人がなる2025年前後には高齢者の5人のうち1人がアルツハイマー病を含めた痴呆患者が立つという計算も発表されている。

 


スポンサードリンク
 

 

そんな中、米国ではアルツハイマー病患者の頭の中に"ペースメーカー"のような電気刺激を作り出す装置を含め、脳の特定部位を刺激してアルツハイマー病の進行を防ぐ試みが行われており、一定の成果を上げている。

f:id:bryan0230:20180625121320j:plain

前は平凡な生活を暮らしにくかったラボンヌ氏だったが、装置を設置した後、以前のように料理を作ることができるほかに好きな賛美歌をピアノで研究できる状態になったということだ。

 

しかし必ず病気の進行が止まったというわけではないとされている。
どこまでも進行が先送りになるというのが現実だという。
それでも夫トム・氏は"ラボンヌは私が知っているほかの誰よりも実際には正確に作動していて肯定的に考えている"と述べている。

 


スポンサードリンク
 

 

ラボンヌさんが受けている措置は障害を起こしている脳の部位に適切な電気的又は磁気的刺激を持続的に送ることによって、症状の改善を図る"脳深部刺激術"または"DBS"と呼んだのである。 今までDBSは数十万人のパーキンソン病患者の症状の改善に実績をあげていたが、アルツハイマー病に対する治療で検証が進められているのは今回が初めてだという。

f:id:bryan0230:20180625121519j:plain

オハイオ州立大学ウェクスノ・メディカルセンターのダグラス・シャレー博士チームは、決定を下す脳の前頭葉を対象にした接近が患者の自立を長期間維持するのに役に立つと思う。 ラボンヌ氏はすでに3年半にわたって装備を移植しており、実際に症状の進行を防ぐ効果があると確認されている。

 

しかしこの結果をもって、"アルツハイマー病の進行に効果がある"と決め付けられる段階ではない。 ラボンヌ氏と同じ処置を受けたのは他の2人のアルツハイマー患者だけで、まだ3人分の調査結果しか存在しないうえ、効果を示したのはラボンヌ氏を含む2人プンイオッダは事実...

f:id:bryan0230:20180625121637j:plain

しかし、今後の検証によっては効果があるアルツハイマー病の治療の可能性を見せてくれることになるものと期待されている。 カナダで似たようなDBS治療の実験をしている神経外科専門医のアンドレ・ロジャノ教授は"アルツハイマー病の新しい治療法が要求されています"と...しかし、今後の検証によっては効果があるアルツハイマー病の治療の可能性を見せてくれることになるものと期待されている。 カナダで似たようなDBS治療の実験をしている神経外科専門医のアンドレ・ロジャノ教授は"アルツハイマー病の新しい治療法が要求されています"と...現時点では"治療困難"であるアルツハイマーの治療に希望ができた。


また、英国のアルツハイマー病研究機関"Alzheimer's Research UK"のキャロルルートレジ博士は"今回の研究は、ダミー治療との比較が行われず、効果の恩恵については、追加の後続研究をする価値がある。 この治療による恩恵の全貌と費用効果性がもっと大事な試験を持ってきちんと調査なる必要があります"と語る。

 


スポンサードリンク