サンタクロースの起源、聖ニコラスの失われた墓発見!

サンタクロスの由来として知られている聖ニコラスの墓が考古学者たちによって発見されたと、外信が報道した。 聖ニコラスは小アジアローマ帝国リュキア属州(トルコ)で生まれ、3世紀から4世紀まで存在したキリスト教司教であり、神学者である。 リキアの大主教を歴任した。

 


スポンサードリンク
 

 

ニコラスは生前、教区に住む貧しい家庭の家に深夜、窓からこっそり金貨を投げた。 その金貨は偶然、暖炉で乾かしていた靴下の中に入った。 この金貨のおかげでこの家の三人の娘たちは売られないようになった。

f:id:bryan0230:20180623101602j:plain

このエピソードに由来し、"真夜中に家に入って靴下にプレゼントを入れる"というサンタクロースが生まれたということになっている。

 

-古い教会を調査していた時、偶然、墓地を発見

 トルコ南部のアンタルヤ州にある聖ニコラス教会の下で、約1600年前の墓地が発見された。 比較的保存状態が良くて、ほとんど損傷されなかったと伝えられた。

 トルコの考古学者らは、これがまさに省・二コラスのものではないかと推測しているが...

f:id:bryan0230:20180623101704j:plain

デムレ地域の教会は、サンタクロスの出生地として広く知られている。 教会の下部及び基礎の差を調べるために実施した電気測量学のおかげで静かに隠れていた墓がいよいよ明らかになったのだ。

 


スポンサードリンク
 

 

この聖堂は非常に保存状態が良くて、全くと言ってもいいほど破壊されなかったという。 これから一つひとつのタイルを取り外して墓を発掘するのだと…。

 聖ニコラスは富裕一つの家庭で生まれたが、幼い時代に両親が亡くなって、その財産を受け継いだ。 彼は非常に寛大な人物で、そのお金を貧しい人たちと貧しい人々に密かにプレゼントした。

f:id:bryan0230:20180623101803j:plain

-聖ニコラスがサンタクロースになるまでの歴史

 聖ニコラスがサンタクローズして知られるようになったのは16歳になってからのことだ。

 北部ヨーロッパのキリスト教宗教改革時、誰かがクリスマス時期に子供たちにプレゼントを伝えた。 この人物が中世の古い伝説に降りてくる"ファーザークリスマス"、"オスも一番クリスマス"という名前で呼ばれるようになった。

f:id:bryan0230:20180623101847j:plain

クリスマスに子供たちにプレゼントするトレンドは、欧州全域に広がってドイツ・ファーザークリスマス(サンタ・クロース)はクリスト・キントで知られるようになる。

 しかし、オランダ人に米国に定着した時、聖ニコラスの伝説を導入、クリス・クリーン本と聖ニコラスが合わさって、新田・クロース、つまりサンタクロースになったという。

 


スポンサードリンク