8千年前に人類が描いた絵に犬が首輪をしている?

人と犬との関係はとても長い。 今まで人間が犬を飼い始めたのは高1万5千年前頃と推測されていたが、万2000年前にすでに家畜化されたという研究結果もある。
犬が全く顔面がない人間の感情を読めることは、長年の歳月を経て人間と一緒にいたから..

最近、サウジアラビアで発見された岩表面の彫刻は、人類が描いた世界で最も古い犬の姿かも知れないという研究結果が報告された。

その絵には犬が紐に連結された人と一緒に狩りをする姿などが描かれていた。 しかし、その連帯と意味を確認するため、追加調査が必要だという。

 


スポンサードリンク
 

 

 

f:id:bryan0230:20180622224406j:plain

-岩表面彫刻の大部分には描かれた犬

 

ドイツ・マックスプランク研究所の考古学者マリアクアクニン博士は、この3年間サウジアラビア北西部のシュウェイミスとジュバで発見された1400個余りもなる岩の表面彫刻化のリスト化を進めた。

 そこには7000点余りの人と動物の交流を描いた岩表面彫刻が少なくとも349点は犬を描いたもの。

 報告書によれば、たくさんの犬が人間の狩りを助ける姿で描かれていた。 ベックスとガゼルの首を口に入れていたり、言葉、劉の動物を囲んでいて、さらに、ライオンと対峙している姿まであった。

 

f:id:bryan0230:20180622224504j:plain

-人間と犬を連結する首輪の描写。ずいぶん前からそうしていた可能性

 

面白いのは、犬の中にはロープで主人の腰と連結されていることがあり、紐が使われていたようだということを知ることができる。 明確に人間は今まで推測されていた数千年前に犬の教育方法を確立していたようだ。

 


スポンサードリンク
 

 

-連帯の特定は難しいが、8000年以前である可能性

 しかし、正確な年代を特定することは難しい。 このような連帯はたびたび発掘場所の連帯との兼ね合いで確認するものだが、この岩の芸術が発見された地域は、このような考古学的記録が少ないものだ。

 

約一万年前、狩猟採取生活を享受した人たちがここに到達。この時期に描かれたシュウェイミスとジュバの最も古い彫刻は曲線美の女性を描いたものだ。

 7000~8000年前ここに住む人々は牧畜に転換して彫刻刀の牛、羊、ヤギを描くことになる。 犬の彫刻は、この時期直前に登場している。

 

f:id:bryan0230:20180622224613j:plain

研究者の推測が正しければ、イランで発掘された犬が描かれた土器(ほぼ8000年前に今まで最も古い犬の描写と考えられてきた)より長くなった可能性がある。

 

-昔から人といっしょにいた犬。犬の家畜化を見せてくれる他の証拠

 

犬の家畜化を見せてくれる他の証拠は数万年前までさかのぼる。 最近犬のミトコンドリアDNAを分析した研究は、犬が約四万年前に、一つの家畜化イベントはオオカミから分岐したことを示している。 また、万4700年前にヒトの墓の隣に埋められていた犬の遺体も発見されている。

 

-人と犬の関係を知ることができる貴重な壁画

 

しかし、DNAと化石証拠では、人間と犬の関係に対する情報を多く得られない。 彼とは対照的に、サウジアラビアの岩の芸術は両者が重要なパートナーとして協力した姿を生々しく描いている。

 

f:id:bryan0230:20180622224733j:plain

特に面白いのは、犬それぞれの特徴がよく描かれているということだ。 いくつかは斑点がおり、また別の犬は胸の部分に白が見られているという。

 報告書では、古代の画家はもしかして地域に見られる犬の一般的なタイプを描こうとしていたかもしれないと推測している。 あるいは近くで働いている犬を単純に描いた可能性もあるという。

 とにかく、かなり以前から、人々は犬と深い関係を持っていたことをよく知ることができる。 犬はやはり人間に最も親しい友人だったのだ。

 


スポンサードリンク