UFO存在を口外した元米国防部の職員

海外メディア各オンロンジが伝えたところによると、元米国防部の職員が、UFOの存在は"ハプジジョクイン疑いの余地がないほど証明された"と発言したという。

 米国政府のある機密プログラムの責任者だったルイス・アレー・ゾーンも(Luis Elizondo)氏は、宇宙人がUFOに乗って地球を飛行した可能性が高いと考えていて、その証拠もあるという。

 

-高度航空宇宙の脅威特定の番組の反対意見に抗議し、辞職

f:id:bryan0230:20180622135421j:plain

エルリジョンド氏は10月、過度な秘密主義と彼が担当していたプログラムに反対意見に対する抗議と国防部を辞職した。

 サンデーテレグラフとのインタビューで"ここが法廷なら、"合理的な疑いの余地がない"と言われるほどに達したとことができるという考え.UFOという言葉は嫌いですが、それは私たちが調査したの"と発言した。

 


スポンサードリンク
 

 

-UFOの存在は確かに、目撃事例が多くいると主張

エリー・ゾーンもさんは、彼のチームがUFO目撃事例を調査を行ったかどうかについて、現在も機密であることを理由に回答を拒否した。 しかし、そうした事例自体が大量にいるということは認めた。

f:id:bryan0230:20180622135525j:plain

-高度航空宇宙の脅威特定の番組でホットスポットを確認

 彼が関与していたのは、高度航空宇宙の脅威、特定プログラム(Advanced Aerospace Threat Identification Program)というもので、国防部で25億ウォン相当の予算が充てられていたという。

 このプログラムでは、地球のどんなことともほかの動作や傾向を把握。調査で確認された"ホットスポット"はしばしば核施設と発電所付近だったという。

エリー・ゾーンも氏は、そうした物体に対して、"草稿も一運動性能、ソニックブームが発生しない超音速、時速11,000~12,000キロ"と説明している。

f:id:bryan0230:20180622135620j:plain

"このような仕事の大半は、レーダー信号のデータ、航空機に搭載されたのはカメラの映像、様々な目撃者によって裏付けされている"

 国防部は、この番組の予算は2012年に終了したと発表したが、エリー・ゾーンも氏によると、UFO調査はその後も5年間続いたという。

 


スポンサードリンク