1920年アントワープオリンピックの旗紛失事件の真実?

五輪で使用される聖火は、歴代五輪イベントで代々継承されているが、オリンピックの旗も一緒に代々継承されている。

 現在は夏向きと冬用それぞれ2つのオリジナルの旗があり、冬は1952年のオスロで寄贈したのが現在も使われていて、夏は1988年ソウル五輪の時、寄贈したものが使用されている。

 


スポンサードリンク
 

 

実は夏向けの初代の旗は、直ちに紛失してしまって直ちに2代目の旗が作られ、後にどのような年老いた選手の告白で初代の旗が発見されたものだった。

f:id:bryan0230:20180621194500j:plain

1.アントワープ市、オリンピックの旗を世界で初めて製作

 

1920年にベルギーのアントワープで開催された五輪の開会式は以後、五輪の通例がなる初のイベントが一部導入された。

 3つがあるが、まずは、選手宣誓、第二に平和の象徴だった鳩を飛ばすこと、第三は、五輪の国旗を掲揚することだった。 このオリンピックの旗はアントワープ市が製作して、国際オリンピック委員会に寄贈した。この旗は、制作一つの都市の名前を取って"アントワープ旗"と呼んだ。


アントワープ旗は開会式で披露して、五輪期間中にメインスタジアムに掲揚され、閉会式の時して納める。 そして次のオリンピック開催地パリでも同様に使用される予定だったという。

 しかし、閉幕式の前に五輪の旗を紛失して、関係者らの必死の捜索にもかかわらず、発見できなかったものだった。

f:id:bryan0230:20180621194552j:plain

2.2代目の五輪の旗の登場

 

1924年夏季五輪のパリ大会では、パリ市はアントワープ市と同様に五輪の旗を製作して国際オリンピック委員会に寄贈。の開会式で初公開されて、五輪期間中にメインスタジアムに掲揚されて紛失しないで無事に閉会式を迎えた。

 


スポンサードリンク
 

 

パリ市が作った旗は、1928年アムステルダム五輪でも使用されており、以後、1988年ソウル五輪まで主な五輪の旗で代々継承されようになったのだ。 しかし、これがアントワープ旗と引き続き認めており、旗を粉飾したという事実をもみ消そうとしているという。

 

とにかくこの旗は、しばらくの間、夏と冬の五輪で使用されていて、1952年にノルウェーオスロ市が冬専用五輪の旗を製作して国際オリンピック委員会に寄贈して、アントワープ旗は夏季五輪専用の旗がなった。

 

そしてオリジナル・アンド・ワークの旗は発見されておらず、皆が迷宮の事件で思っていた1997年...いよいよこの旗を盗んだ本当の犯人が現れるようになったのだ。

f:id:bryan0230:20180621194711j:plain

3.犯人の登場と旗の発見

 

1997年、米五輪委員会が主催するイベントが開催され、米国の歴代メダリストが一堂に集まる大規模な催しが開かれた。 ここに"レジェンド級"のゲストとして、1920年アントワープ夏季五輪飛び込み競技銅メダルリスト、100歳のハーレーハイプリーストも招待され、マスコミのインタビューをするようになった。

 

"アントワープ大会で印象に残る仕事といえば、紛失した五輪の旗だけど~"って聞いたら...

 

プリーストは"その旗は私の家のかばんにありて"…周りはごちゃごちゃとなり、信じられないという表情で驚いた取材陣にプリストはその時の顛末を話してくれた。

 

五輪期間が中盤にたたんで聞いたとき、プリストゥらのダイビング・米国家代表の若者たちが酒に酔っていたが、あまり残ってない祭りが寂しがったのか。いたずらで"あの旗を持ってくるはずだわ"としながら持ってきたという。

 

チームメンバーの○○が旗竿に上がり、五輪の旗を持って戻ってきており、それをプリーストはそのまま米国にもたらしてしまったという。

f:id:bryan0230:20180621194801j:plain

そして77年間、アントワープ旗はプリストゥの部屋に保管されていたと。そして77年間、アントワープ旗はプリストゥの部屋に保管されていたと。


それから3年後、2000年に103歳になったプリーストは国際オリンピック委員会にオリジナルのアントワープ旗を返還した。 当時、旗を選ぶ際に端部分が少し破れたみたいで、そこに損傷が深刻だったが、、カバンの中に折れていたために代替的に 保存状態は非常に良かったと...


この旗は現在、スイス・ローザンヌにある五輪博物館に展示されている。

 


スポンサードリンク