最後の白サイ、絶滅? 一つ希望は...

f:id:bryan0230:20180621114025j:plain

世界に1匹しか残っていなかった白サイが、オスラム感染によって安楽死として生涯を終えた。 それではこれでシロサイは事実上絶滅が決定された。

 


スポンサードリンク
 

 

ケニアの今年ペジェタ(Ol Pejeta)自然保護区域が、世界で1匹しか残っていなかった雄白サイ"手段"が死んだと発表した。 45歳の手段は年齢と関連された合併症の治療をしていたが、広範な皮膚炎症を奏し、、筋肉と骨の変性が進行され、ついに起こることができなかったために、今年ペジェタ自然保護区域とケニアの野生動物保護区域の獣医師チームが安楽死と決定した。

f:id:bryan0230:20180621114122j:plain

白サイの亜種だった北朝鮮白、サイは、一時1000羽以上の個体の生息が確認されていたが、白サイの毛が中国から薬草でプラスになった時門に、1970年代から1980年代に密猟が横行して個体数が激減した。 コンゴ共和国に残った20頭から30頭の野生キラ四郎の間は、コンゴの内戦によって、遅くとも2008年までに絶滅していることが確認された。

 

その後、2009年にチェコのドゥブェルクラに切り落として動物園に生存していた雄2匹、雌2匹、計4頭の白いサイが絶滅を防ぐためにケニアに移送され、繁殖を試みた。 本来の生息地であるザイール(現コンゴ)と一緒に気候が穏やかで安全なケニアはイルミネーションには最適だと考えられ、絶滅を避けることが最後の機会の地に選定したという。 今年ペジェタ自然保護区域に移された4匹は、24時間体制で武装チームの徹底的な保護が与えられた。

f:id:bryan0230:20180621114206j:plain

4頭の白サイの間で交尾の行動が確認されたが、結局は妊娠に至らなかったという。 また、2014年には遺伝子を半分でも残してもらおうと、南白サイの雄との交配を試みたが、やはり失敗。自然交配ではうまくいかないことを発見。その後2014年に白サイ雄"スンニー"が死ぬことになり、、最後の希望は手段に傾くようになっていたという。

 


スポンサードリンク
 

 

野生で生まれた最後の白サイの雄だった手段が死んだのに対してくるペジェタ自然保護区域は"人間が自然を無視して残忍さの象徴"と話し、同時に"私たちは放棄してはならない"と宣言している。

 そして、今年ペジェタ自然保護区は手段の思い出を残すためのクラウドファンディングプロジェクトを開始した。

f:id:bryan0230:20180621114313j:plain

このプロジェクトは"手段の記憶を向けて"に目標金額を二万5000ドルに設定。生き残った二匹のメス白サイ"花札"と"羅津"が生殖可能な健康な体であるため、体外受精によってシロサイの遺伝子を残すために研究活動に支援を要請している。

 

今年ペジェタ自然保護区は2匹のメス白サイの間の卵子を安全に除去して、これまで収集していた精子を使用して、体外受精させた後、雌南白サイの子宮に、再び代理母出産を計画しているという。

 

この人工受精プロジェクト費用は計900万ドルに達するものと推定されている。 白サイの遺伝子を残す一つはシロサイと南白サイを使用した代理母出産の成功にかかっているようだ。

 


スポンサードリンク