エジプトのファラオに対する驚くべき事実3つ

f:id:bryan0230:20180621095316j:plain

ファラオは、古代エジプトの君主の称号であり、万民衆が仕える神様に匹敵すると考えた。

 ファラオは、言うなれば、民に神様なのだ。 それで統治時代にどれだけ悪行を犯しても、許容されたのは事実。例えば、猫を救うために自分の軍隊を敗北のどん底に陥れたりもし、奴隷の全身にはちみつを塗ってパリを誘引したり...

 詳しい内容をみるようにしよう。

 


スポンサードリンク
 

 

- ネコを救うために自分の軍隊を敗北に追いやったプサムアフメティクス3歳

f:id:bryan0230:20180621095454j:plain

映画"ミイラ"を見ると、エジプトでは猫が非常に重要なものとして扱われているということを知ることができる。

 

これは猫の頭を持った装身具の女神バステトと密接な関係がいることが原因であろう。 また、猫は家や食料品店などで、蛇やネズミなどの害虫から保護に役立った。 したがって古代エジプトでは猫を傷つけたり、面倒を見てくれなかったりすれば罪だと思った。

 

猫の幸せのためにファラオが自分の軍隊に出した命令の究極的な例はプサムアフメティクス3歳になるである。 彼は自分の軍隊に戦えと命令した。 その理由は敵の指揮官が猫を戦場に放置しているためだという。

 

敵だったペルシア王カムビセス2世は、エジプト人の猫愛を知っていたために、戦闘に臨む前に部下たちにたくさんの猫を収集して一緒に戦場に投入することにした。

 


スポンサードリンク
 

 

ファラオから死刑を宣告されることを恐れたエジプト軍人たちは、カムビセスの兵士達が簡単に村に入ってくるのをそのまま見ていた。 なぜなら、うかつに攻撃しては、猫がけがをしそうで....

 

カムビセス君は攻撃してきたエジプトの軍隊を軽く片付けてしまって猫を盾に前進。この戦闘でエジプト軍は完全に大敗をしたという、純粋に猫のために~

 

- 奴隷の前身に蜂蜜をつけたペピ2歳

f:id:bryan0230:20180621095607j:plain

ペピ2世は、まぁ,特別なものがないファラオと思った。 確かに彼はエジプトを統治したが、その在位期間、大半は食べ物を腹一杯食べて、エジプトの熱い太陽の下、バルガー脱いで入浴して、太陽神ラの恩恵に満足した生活をしていた。

 

そんなペピに一つ嫌いなものもあったが、....それはハエだった。

 特に食事のとき、いつもパリがぶんぶん距離、飛び込んだのだ。 この問題をどうも解決して見ようと努力したのに... 一つの考えを果たした。 それを蜂蜜を利用したもの。

 

ペピは毎日1人の奴隷に全身にはちみつを塗って、遠くに立っていなさいと命令した。 必然的に奴隷の身でパリの時が飛びついた。 そうしてペピ2世はゆっくり食事を楽しめるようになった。

 これに味を占めたペピ2世は、はちみつを塗った奴隷を自分の宮殿あちこちあらゆる場所に立てておいて、パリから解放されたという。

 

- 宇宙の短剣を持っていたツタンカーメン

f:id:bryan0230:20180621095741j:plain

ツタンカーメンが持っていた小さな短剣は、宇宙からきた隕石で作られていると、専門家たちは信じている。 1920年代に王の墓で発見されたこの短剣は、数千年間続いてきた今もさびておらず、日も鋭い。

 

この短剣がどこから来たのかは誰もしれない。 歴史的な証拠には古代エジプト人は鉄を製錬する技術はまだ持っていなかったし、まして宇宙から来た金属を使用して兵器を作る技術はなかったのだからだ。

 

したがって、歴史家たちは短剣はそうした技術を持った外国人のプレゼントだったのではないかと推測している。 そしてどうやら、その国というものは、地球以外の国も含まれるという。

 


スポンサードリンク