コーヒー以外に何も食べず、毎日を送ったら?

多くの人たちが毎日コーヒを飲んでいるが、コーヒーが人々の健康にもたらす功罪については、さまざまな説があって、肯定的な影響と否定的な影響が混在している状況だ。

 それでは果たして"一日中はコーヒーだけ飲んで一日を送ったら、どうなるだろうか。"という考察を、生活に関する科学を説明するYoutubeチャンネルLife Nogginが動画で要約した。

 


スポンサードリンク
 

 

米国人はなんと60%以上が毎日何杯のコーヒーを飲んでいる。 しかし、他の何も飲まず、ひたすら"コーヒーだけ飲む"という状況になると人間はどうなるだろう?

f:id:bryan0230:20180620220351j:plain

ここ、Life Nogginの協力者だった"WheezyWaiter"のクレイグがその謎に挑戦。

 まず午前7時、同日の最初のコーヒーを飲む。 動画では、"一杯"を8オンス(約230ml)と規定している。

 

クレイグ・さんが飲んだコーヒーは速やかに消化管で吸収され、その含有成分が体に埋められている。 コーヒーに入っているカフェインは中枢神経を興奮させる作用があって、脳の特定化学物質の分泌を促進して脳の活性化を提供する。

 ここについてクレイグ・氏は"この時点で私は非常に敏捷に集中している。 コーヒーがセロトニンドーパミン、アドレナリンなどの物質を分泌してくれるために、仕事の進行が早い"

 

"しかし、もう一方で、心拍数が上がって血圧が上昇、呼吸が増加するなどの悪影響も与えられる"

 


スポンサードリンク
 

 

"私の運動学習にも影響やキーボードタイピングと同じ動作がやや難しくなってくる。 また、脳の血流量が下りてくるのを感じることができる。 これは、脳が最もよく混同するのに必要な血液が供給されないことを意味する"

 

"そうなれば、私は不安な気持ちになったり、いらいらするようになるが・・・。私に話しかけるなと大声をすることもでき。"

f:id:bryan0230:20180620220458j:plain

ここでクレイグがすでに8杯分のコーヒーを飲んでいると想定。それではクレイグは800ミリグラムのカフェインを摂取したのだ。

 米国FDA(食品衛生局)は一般的な人なら、1日に400ミリグラムのカフェインが適当量という。 普通の食事をする場合、この基準はあまり気を使う必要はないが、コーヒーだけで1日を送っているクレイグ・さんの場合は大きな問題。

 

 カフェインを多く摂取して、クレイグ・氏は頭痛や胃腸障害、情緒不安、筋肉けいれんなどを感じるようになるだろう。

 また、1杯分のコーヒーはたった5kcalのエネルギーしかない。 したがって、クレイグ・氏はお腹が空きすぎて力が出ない状態になるだろう。

 

"このまま行けば、夜に寝床に入る頃には15杯のコーヒーを飲むようになるだろう。 それでは私は確かに眠れなくなるかも…"

 

"これは推奨される一日摂取量を完全にオーバーしたということは"コーヒー中毒にならないか?という疑問に陥って"しきりに不安状態にクレイグ・氏は精神が散乱。

 


スポンサードリンク
 

 

"過剰摂取の問題に関しては5グラムのカフェインを摂取することで、昏睡状態が誘発できるという研究で分かる"

 

"しかし、他の研究では1グラム分のカフェイン摂取で心臓発作の危険が増加すると知っている"とつぶやくクレイグ・さん。"また、発熱と呼吸困難、けいれん、心臓の苦痛のような影響を及ぼしかねない....Oh..Oh..."として倒れたクレイグ・さん。

f:id:bryan0230:20180620220614j:plain

次は、長期間のコーヒーの影響を見てみよう。

 

この問題は様々な議論が行われており、適量のコーヒーを飲むのはアルツハイマー病やパーキンソン病2型糖尿病と様々な癌の危険を下げることと関係があることを知っている。 また、毎日適当量のコーヒーを飲み、自殺の危険を50%も落とすことからも調査されている。

 

しかし、長期的な観点で見た時、コーヒーの効果は必ずしも良いわけではない。 コーヒーを長期摂取すると、心不全や潰瘍、幻覚、不妊、また、前頭葉の機能不全などの症状を起こす可能性も示唆されている。

 

ここでクレイグが復活。"ある程度のコーヒーの量で健康を損なうようになるかは誰もしれない"

 

"30年にわたる追跡調査を実施した研究では、一週間、党28杯のコーヒーを飲むと死亡の危険性が男性の場合50%、女性ならば200%も上がることが分かった...."

 

"あなたはどのくらいの量のコーヒーを飲んでいますか? 飲みすぎはしませんか?"という質問で映像は仕上げられていた。

 

 


スポンサードリンク