謎のままに残っている集団失踪事件3つ

突然にだれかが行方不明になったとしても、家族や関係者以外の人にはすぐに忘れられかもしれない。 しかし一度に多くの人が行方不明になったとしたらどうかな?

 何かいや良くない事が起きたということは明白だ。 以上して奇怪な出来事は人々の記憶に長く残っているのだ。

f:id:bryan0230:20180620112919j:plain

このような集団失踪事件は昔から記録に残っており、今も時々発生している。

 


スポンサードリンク
 

 

インターネットの普及により消えた人たちを見つけるのは以前より容易になったが、いったん事件で漂う神秘のにおいは消えず、人々を魅了させるに十分である。

f:id:bryan0230:20180620113009j:plain

■消えたロアノーク植民地の入植者(1957年、米国)

 

現在のノースカロライナ州に該当するロアノークに作られた植民地は、英国で移民者たちが初めて定着したヵ所の一つだ。

 しかし、植民地の統治者だったジョーン・ホワイトが普及に向けて欧州に帰ってから再び帰還してみると、村は完全に廃墟になったということ。

 

残っていたことは一つの骸骨と木に刻まれた"クロアトン"という文字だけだった。

 多くの仮説では、移住民は、植民地のみなみのにいたクロアトンジョクによって犠牲となったと推測する。 急いでそこに出かけることになった移住民が犯人を知らせるためにメッセージで残したかもしれない。

 

また、他の仮説では、ホワイトの帰還が戦争のために3年がかかったため定着民たちは捨てられたものと推測してヨーロッパに帰還したと説明する。 この説によれば、彼らは大西洋の冷たい海で遭難で死んでしまったという。

f:id:bryan0230:20180620113052j:plain

■メアリーセルレストゥ号の消えた乗務員(1872年、米国の船舶)

 

1872年12月、ニューヨークでイタリア、ジェノバに出港したメアリーセルレストゥ号は大西洋の中央部に位置するあジョレス制度の沖合740キロ地点で漂流していることが発見された。 乗組員は一人も見えず、生存者の痕跡はなかった。

 


スポンサードリンク
 

 

当初、船舶は貨物目的に海賊によって犠牲になったのだと考えられた。 しかし、貨物も、乗組員の物資もそのまま残っていた。 船長の航海日誌も残っていた。 もし船を放棄することになったとしても、それは日誌に記録されるために、急に起きたことが船員を動揺させ、瞬間の行動で何か起きたに違いなかった。

 行方不明の原因は不明だが、M.Kジョセフは、宇宙人による拉致の一例でこのようなことは歴史上何度も起きていると主張している。

f:id:bryan0230:20180620113147j:plain

■一晩に600人が行方不明、ホオ・ベルデ村(1923年、ブラジル)

 

1923年2月、ブラジルの小さな村ホオ・ベルデ(Hoer Verde)で暮らしていた600人が身辺を残したまま、一夜に忽然と姿を消した。

 警察に通報され、捜索が始まったが、そのどんなものも全く発見されなかった。

 

どんな警察が村の学校を捜索する"救済はない"と書かれた黒板が発見された。 その横には24時間以内に発砲したと見られる銃もあった。

 宇宙人などに原因を置く説もあるが、当時の政治的背景を指摘する意見もある。 村はゲリラ戦に探知されるのを恐れて村を捨てたと思われたのだ。

 

確かにあり得る話だが、、所持品や食べ物を全部置いていきなり離れて行った理由までは知るすべがない。 また、村が引越しした場合、可能な周辺に新しい町が出現したという記録もない。

 


スポンサードリンク