人魚の伝説? その正体は脇ぜい肉?

f:id:bryan0230:20180617121217j:plain

定期的にSNSや海外の掲示板で話題となっている一枚の写真がある。

 遠くから見れば、人魚と誤って誤解しかねないほどの人魚形。昔から数多くの人魚伝説があったというが、、そのうち一部はこの生物によるものかもしれない。

 シロイルカ(ベルーガ)は、その名そのまま白い体が特徴である、体長5mほどの巨大なイッカク科シロイルカの中に分類される鯨だ。

 彼らが人魚と誤認される理由は、わき腹筋肉のためだということ。これがまるで人魚の橋のように見えるものだと....

 


スポンサードリンク
 

 

- シロイルカのわき腹の贅肉

f:id:bryan0230:20180617121343j:plain

 シロイルカは脇に贅肉が付いている。 人間の場合、それはおしりで腰にかけて付いている地方だ。 シロイルカの腹の中にはこれと似たようなものあるが、これについては今まであんなに注目を浴びることはできなかった。

 飼育されていることが原因で脂肪が付いたと思ったが、野生でも、船に住むがある個体が存在しているということが分かった。

 

- 出たり消えたりするわき腹肉

 シロイルカの生体を研究しているアレックス・ワース博士はまず、飼育されている白いイルカと野生個体すべて6時間近く映像を観察した。 そうしたら以上をことを発見。どのような白いイルカには1メートル、幅10~14センチの2列になった贅肉がいたが、それが1分後には消えてしまったのだ。

 ぜい肉はどこに消えたのか? ところがシロイルカが逆に回転した時、再びぜい肉が分かった。 これは単にぜい肉が集まっては一度に現れたのだろうか。 なければ何か秘密があるのだろうか?

 

- シロイルカのわき腹のぜい肉は筋肉が含まれた。

その謎をほぐすためにウォーズ・博士は、アラスカのイヌイット族を訪れた。 イヌイット福はシロイルカを捕獲することができるように許可された人々で、博士はイルカを何匹調査できるようにお願いした。

 その結果、お腹のぜい肉は筋肉があったことが明らかになった。

f:id:bryan0230:20180617121507j:plain

これは他のクジラではなかなか見られない"ボクチュチェ(pyrimidalis abdominis)"という特徴で、特にお腹のぜい肉を向上させるのに重要である。 つまり、この筋肉は船が凸した状態を制御するものである。

 

- シロイルカがお腹のぜい肉をコントロールする理由

 ワース博士の考えは、シロイルカはこれを水泳を緩和するのに利用しているという。 つまり、イルカは腹の肉を水中の飛行機のように操縦しているのだ。

 ロケット、飛行機、またはミサイルには、"垂直安定"という構造がある。 これはの尻尾の形をしており、スピンを防止し、特に不安定な状況や旋回時に機体を安定させる。

 そして白いイルカも状況が不安定する際、お腹のぜい肉を使用して体を安定させている。 ワース博士によると、ひれのような役割を果たしており、必要に応じて展開されるのだという。

 

結論は......世の中に騒がせた人魚の伝説は......白いイルカが贅肉をコントロールしている姿だったのだと…。

 


スポンサードリンク